love / Kazumi nitibu

Kazumi nitibu

作品紹介・説明

「例えば煉獄に焼き尽くされたなら、一面咲き誇る花畑で静かに目を閉じる君と出逢えただろうか。獣染みた官能。灼熱。儚さ。咆哮。今日の怒号もいつしかやさしさに包まれただろうか。」

あの頃のギターはもっと乾いてた。ブルースは渇いた国で生まれたんだ。WAVE のミックスデータをマスタリング。2006年。

プロダクト説明

ギターの音作りには McDSP Chrome Tone LE と WAVES Renaissance EQ をメインに使用したと記憶しています。Chrome Tone は所謂アンプシミュというより、プリアンプ ・ ディストーション ・ スピーカーシミュ が一体となったチャンネル・ストリップと捉えた方が使い易く、他のアンプシミュのようにローの薄さが出ることがないという長所があります。ハード機にそのまま埋め込めそうなほど音が太いです。挿してそのままアンプから出たギターの音になる、というタイプではないですが、どのパートにも使えますし一押しです。

使用したプロダクト

ソフトシンセサイザー
Native Instruments XPRESS KEYBOARDS
ドラム音源ソフト
Steinberg Groove Arent
音楽制作アプリケーション
digidesign Pro Tools, Propellerhead Reason
コンピュータ
Windows PC Windows PC
エレクトリック・ギター
Fender ストラトキャスター

8件のコメントが寄せられています。

04:41 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 35
  • お気に入り: 2
  • ハードロック
  • オリジナル作品
2008/11/10 23:37