Oh! Darling (session Live ,guitur and vocal)

作品紹介・説明

Oh! Darling・・・

Jellybeanさんの素晴らしい唄が聴ける名演だと思います。

私にとってはJellybeanさんとの念願の初コラボです。この曲はノーリズムでのアレンジですのでファイルのやりとりではタイミングの取り方など難しい面があります。実際にお互いボディアクションや目でコンタクトをとりながらの演奏だからこそ可能な曲、アレンジだと思います。

私は前半はちょっと照れくさくて、演奏が始まってからしばらくの間、あまりJellybeanさんのほうを見れなかったので、ギターの音や間の取り方にぎこちなさがでています。後半はなんとかJellybeanさんのほうを見ることができたのでタイミング的にもかなりあってきていたのでは、と思います。
演奏の間はとてもとても楽しい時間でした。Jellybeanさん、ありがとうございました。

Jellybeanさんの素晴らしい唄をどうかお聴きください。

*2011年8月17日PM23:00 別音源入手のため試験的に(レコーダーで録られた音源に)入替えてみました、前回までのはビデオの音源でした。
  こちらのほうがクリアなようです。

使用したプロダクト

エレクトリック・ギター
Fender ストラトキャスター

Jellybean

作品紹介・説明

龍さんとの初コラボ曲を、なんと、ライブで共演いたしました~~。
感無量です…。

この曲をギターとボーカルだけでやりましょう、とお話をいただいたのは初夏の頃だったでしょうか。
ビートルズの『Oh, darling』をエレキギターとボーカルだけで演奏するというアイデアはとても魅力的でした。
龍さんが送ってくれたギター音源に合わせて歌ってみると、なかなかいい感じ。
そのまま録音することもできたのですが、龍さんは「実際にお会いできたときに、生で合わせましょう」と提案されてきたのです。
遠く離れた場所に住んでいる私たちが、果たして一緒に合わせることなどできるのだろうか??と正直、不安だったのですが、
願っていればかなうものなんですね~~。
お仕事+ライブの下見で東京にいらした10月に初めてお会いすることができ、11月のライブ当日にこの共演が実現したんです。

私のボーカルは、練習不足と準備不足で何箇所か声がひっくり返ってしまっていて、本当に悔やまれるのですが
龍さんと2人での演奏はすごく楽しく、充実した時間でした。
龍さん、ありがとうございました。
またぜひご一緒させてくださいね!

プロダクト説明

ライブ音源

11件のコメントが寄せられています。

03:19 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 383
  • お気に入り: 29
  • ロック
  • カバー作品
  • コラボレーション
  • ライブ音源
  • "OH DARLING"
    THE BEATLES
    (jasrac) 0O0-9120-2
2010/12/16 01:41