テイク・ファイブ/TakeFive

いさり火

作品紹介・説明

この曲は青春時代の想い出の曲で、いつかやってみたかったけれどなかなか伴奏付きの楽譜は見つけられませんでした。
正月休みにフルート用の楽譜をあれこれ見ていたら、「テイク・ファイブ」という文字が目に入りました。
早速取り寄せてみましたら、案の定伴奏CDはあるけれど伴奏譜は無し。
でも、Toshiさんなら何とかなるかも知れないと思い、早速メールしました。

「デモ音源聴いて、伴奏を作ってくださいな。
これには、ピアノのアドリブが入ってないので、適当に入れてください。
あっ、それからベースとパーカッションもついでに入れておいてください。」

という、厚かましいお願いでした。
(でも、Toshiさんなら出来るはず、という思いも。)

半日経って早速返信がありましたので、少し時間が欲しいということかなと恐る恐る空けてみましたら、
何と、完璧に出来上がってるではありませんか!!
しかも、アドリブはお洒落にヴィブラホーンで入れてくれているし。

Toshiさんは、かつてやったことがある曲だからと仰ってましたが、わずか半日でここまで仕上げるとはただただ驚くばかりです。
今回も又、Toshiさんの音楽レベルの高さを垣間見たような気がします。
いったいどれだけポテンシャルをお持ちなのか、これからも楽しみです。

それから、TakeFiveとは、「5分」と5拍子にひっかけて付けた曲名だとか。
奇しくも今日は、、11/1/11で1が5つ。
全部足すと、5ですね。なので、TakeFiveをどうぞお聴き下さい。(笑)

だったのですが、楽曲を入れ替えようとして誤って全部削除してしまいました。
日付が変わってしまいましたが、再UPです。
バタバタしてすみません、よろしくお願いいたします。m(_ _)m




使用したプロダクト

レコーダー
BOSS MICRO-BR

真夜中のピアノ弾き

作品紹介・説明

今回のいさり火さんとのコラボレーションは趣向を変えて、あのウエスト・コースト・ジャズの代表作ともいうべき「Take Five」です。デイヴ・ブルーベック・クアルテットの名手ポール・デズモンド(alto sax)によるこの変拍子(5拍!)のナンバーは、そのクールなサウンドが何とも魅力的で、私も学生時代には毎日のようにLP盤!で聴いていました。また当時バンドでも何度か演奏したことがあったので、昔を思い出しては時々ピアノのバッキングだけは練習していました。
というわけで、先日いさり火さんからこの曲のオファーがあった時には、嬉しさのあまり一気にファイルを作成しました。そして私のアドリブ・ソロも今回はビブラフォンを採用しまして、いさり火さんの都会的なフルートのサウンドにマッチするよう工夫してみました。また一つ青春の思い出の曲がUP出来て良かったです♪


使用したプロダクト

レコーダー
EDIROL R-1
エレクトリック・ピアノ
CASIO Privia

21件のコメントが寄せられています。

03:37 / 256kbps

共有する

  • 再生回数: 645
  • お気に入り: 59
  • ジャズ
  • カバー作品
  • コラボレーション
  • "TAKE FIVE"
    DAVE BRUBECK
    (jasrac) 0T0-0250-1
2011/01/12 00:24