ドライブマイカー/ビートルズ

ワンマンボーイ

作品紹介・説明

Drive My Car/The Beatles

温かくなったかと思えば
また寒く・・・
体の調子を狂わしそうな今日この頃です!
おまけに花粉症・・・
今年は花粉の量がいつもより大量との予想・・・
かなり覚悟はしてましたが
幸いなことに今日現在それほどひどくはありません!
とはいえ目はすごくかゆい(泣)
ってな訳で鼻が詰まりきるまでに
まだ少しの時間がありそうなので
1曲特急で仕上げちゃいました(^_^)v
曲は誰もが知っている
ビートルズのドライブマイカー!

超痺れる名曲です!
まあビートルズには(ほとんど)駄作はありませんが
特にラバーソウルのトップを飾るにふさわしいこの曲!!間違いなく傑作!
でも当時のことをちょっと想像・・・
それまでアイドルバンドでポップな曲ばかり発表していた時期に
この曲をオープニングに・・・
勇気あるなぁ~さすがビートルズ!
当時としてはかなり前衛的でヒップだったと思います!
それまでは、1度聴いたら
一緒に口ずさめそうなメロディアスな曲ばかり・・・
しかしこれはどう聴いてもテーマは口ずさめない・・・
だってジョンとポールが同じ旋律を延々と平行で歌うだけ(爆)
一歩間違えれば実に退屈な楽曲になりそうな素材!
しかしそこはさすがの天才コンポーザー!
ただのハモではありません

テーマのコードはDとGの繰り返し!
そのコードに対しポールは
G(ソ)のノートをずっと歌っています!しかもシャウト気味でかっこ良く!
このソはDのコードに対してはsus4に当たります。
当時としてここまで大胆にsus4の旋律を表現した曲って珍しいのでは・・・
でGのコードでもソを歌い続けますが
ここではGのルートにあたるので安心します。
一方ジョンはDコードの時には
C(ド)のノートをずっと歌い
GコードでB(シ)のノートを歌います!
これはそれぞれコードの中で7thと3thになるので安心します!
でもこの二人のハモ!
旋律的には決して安定した響きではありません!!
しかし・・・しかしこの不安定感が何とも言えぬ
快感へと変わっていくのです!
コードもDとGだと言いましたが
実際はギターとベースのユニゾンリフのみの
演奏ですので和音感は益々希薄・・・
こういった条件からテンションの高いサウンドが生まれています!
どこまで計算で作られたのか・・・?
恐らくなぁ~んも考えなかったのかもしれませんね(爆)
ジージマーティンのみが心の中で
『こいつらまぁ~たまた変な曲を作ってきたぞ~!でも面白い!!』
ってな想いだったのではないでしょうか(^_^)
当然ですがワンマンボーイの中での全くの想像ですので・・・
軽く流してください(爆)

さて原曲の解説で語りすぎています(爆)
今回なぜこの曲を選んだのか?
あまりメロディーの起伏の無いビートルズの曲を
メチャクチャアレンジを変えてやってみたい!!
このテーマにピッタリだったのがこの曲でした(^_^)v
このメチャクチャアレンジを変える!!
この無謀とも言えるチャレンジ!!
でも超面白かったです!
コーラスは前述したように原曲もかなり風変わりなボイシングです!
でもそのままやったんぢゃアレンジを変えるというテーマとズレます!!
もうとことん崩しちゃいました!
今回イメージしたのはA&M系のさわやかな綺麗(ウザイ)なコーラス!!
見事に変身(改変)しちゃいました(^_^)v
それと今回はコーラスの定位はかなり冒険をしてみました(^_^)v
いままでメインボーカルはセンターに置いていましたが
いろんなところで定位を変えています!
コーラスを揺らすってのも覚えました!
面白い効果発見!!って感じでした(^_^)v

そして演奏も(^_^)v
原曲はモータウンのサウンドを意識して作られたとか・・・
ワンマン個人的にはあまりそのようには感じませんが
当時としてはかなりファンキーだったことには違いありません!!
ファンキーといえばワンマンボーイ!現実のライブでの本来のスタイル!!
よぉ〜し!!がんばるぞ〜!!
って思いましたが、果たしてA&M系(ソフトロック)のさわやかなコーラスと
ファンクがいったいちゃんとマッチするだろうか(爆)?
ええぃ!!ままよ!!とにかく挑戦だぁ!!
って感じで始まった今回の作品!
久々に目標となるお手本の無い作品造り!!
苦労はしましたが超楽しかったです!
問題のA&M系のサウンドとルーズなファンクが見事一体化できたか
不安ではありますが、お聴きくだされば嬉しいです!

平成23年5月3日
Take59さんがリマスターしてくださいました!
すごくくっきりしたサウンドになりました
旧バージョンとの比較をしていただけないのが残念ですが
すごく良くなりました
おそるべしマスターリング・・・です(^_^)v

使用したプロダクト

シンセサイザー
YAMAHA MOTIF
音楽制作アプリケーション
Steinberg Cubase
コンピュータ
Apple Mac

58件のコメントが寄せられています。

03:58 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 409
  • お気に入り: 45
  • ポップス
  • カバー作品
  • コラボレーション
  • "DRIVE MY CAR"
    THE BEATLES
    (jasrac) 0D0-4280-8
2011/03/06 20:10