明かりの消えた町/ととろう

ととろう

作品紹介・説明

熊Poohさんとの初めてのコラボです。
熊Poohさんが13日に公開した詞を15日に見つけ、すぐに曲を作ろうと思いました。
その日の内に曲が完成し、翌日編曲しながら録音を開始し17日未明に公開しました。

私が良くやるやっつけ仕事です。
なので、荒削りな部分が耳障りかもしれませんがご勘弁を。

熊Poohさんの意図しない曲調だったかもしれませんが、一日でも早くと思い、勝手に公開してしまいました。

2011.3.19 ドラムにシンバルとタムを加え、歌を入れなおしました。

私は被災者の方にこの歌を聞かせたくて歌っているのではなく、被災者のことを本気で案ずる人たちの気持ちが少しでも楽になるようにと思って歌いました。
このため、被災地では音楽を聞く環境も心の余裕も無いことを承知でしたが一日でも早く作らなければならないという思いで取り組みました。

プロダクト説明

アコギ:YAMAHA L-8  2トラック
ベース:YAMAHA BB5000
シンセ:ソフトウェア
ドラム:ソフトウェア

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Steinberg Cubase
コンピュータ
Windows PC Windows PC
アコースティック・ギター
YAMAHA YAMAHA

熊Pooh

作品紹介・説明

2011年3月11日 誕生日だったオイラはケーキを買ってきたんだ。
小さな小さなケーキを一つだけ買ってきたんだ。

午後2時過ぎ、地震があったんだ。
長野県はたいした揺れじゃなくて、何気なくTVを付けたら
三陸では大変なことになってた。
生まれ育った岩手県の釜石、親類のいる大船渡が破壊されていく。
まるで子供が泥遊びで船や砂山を流すかのように、、、、
車はおもちゃに見えた。円谷製作の映画を観ているような感じだった。
一瞬頭が真っ白になってなにも考えられなくなった。
涙は出なかった。
目で見ていることが現実なのかどうかの判断がまったくつかなかった。
どのくらいの時間を凍り付いた空間で過ごしただろうか。
幾度も幾度も繰り返される猛威、まさに悪夢だった。

親類とはまだ連絡がついていない。
すぐにでも飛んでいきたいが、それは現地の混乱を広げるだけだ。
とりあえずありったけの金を募金した、、、

あまりにも悲しい現実、、俺はなぜか詩を書いていた。
今の気持ちを言葉にして届けたい。そういう願いがあった。
このサイトの仲間なら誰かが力を貸してくれるだろう。そう思った。

ととろうさんが手を上げて曲を付けてくれた。
しかも、早く届けようという思いから即録音までやってくれた。
ありがとう。
曲を聴いていて涙が止まらなかった。やっと泣けたって感じだ。
この歌が一人でも多くの人の心に届いて、少しでも暖かさをもたらせたら
そう願う。そう信じる。

ありがとう、ととろうさん

使用したプロダクト

コンピュータ
Windows PC Windows PC

13件のコメントが寄せられています。

歌詞

「明かりの消えた町」

真夜中いてもたってもいられなくて
外に出て夜空を見上げた
いくつもの星々に願いを込めて手を合わせた

陸続きのここから すぐに飛んでいきたかった
生まれ育った土地が蝕まれるのを
ただTVごしに見守るしかできなかった

明かりの消えた町で 凍えていないかい?
音の消えた世界で 膝を抱えてないかい?
明日のことがわからずに 涙を流してないかい?
見上げてごらんきっと 今日はいつもより
星がきれいに見えるだろ


みんな何かをしなくちゃ、、、って
そう きっと思っているはずさ
祈ることしかできない?それも素晴らしいことさ

失われていく命 時はゆっくりと刻まれてく
流されていく思い出のかけらも拾えやしない
ただ大地の怒りが静まるのをじっと待つ

明かりの消えた町は 星がきれいらしい
いつもは見えない星も 輝いてくれるらしい
月明かりや星明かりが 希望につながるといいな
見上げてごらんきっと 涙で潤んだ目にも
星が輝いて見えるだろう


明かりの消えた町で 凍えていないかい?
音の消えた世界で 膝を抱えてないかい?
明日のことがわからずに 涙を流してないかい?
見上げてごらんきっと 今日はいつもより
星がきれいに見えるだろ

13件のコメントが寄せられています。

05:02 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 57
  • お気に入り: 9
  • Jポップ
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2011/03/17 04:58