A Nightingale Sang In Berkeley Square ★ BudMag4兄弟

BudMag

作品紹介・説明

調べてみれば随分と古い曲で、1939年にフランスの小さな漁村Le Lavandouにて、イギリス人のEric Maschwitzが作詞し、アメリカ人のManning Sherwinとイギリス人のJack Stracheyが作曲を手がけたとのこと。

初めて演奏されたのは地元のバーだったそうですが、誰も関心を示さなかったようです。

それから紆余曲折があり、1962年にFrank Sinatraがイギリスで録音したものがいわゆるスタンダードになったそうです。

それ以外でも、Rod Stewart, Nat King Cole, Carmen McRae, Glenn Miller, Perry Comoなどのビッグネームたちにカバーされたようですね。

今回のテイクは、1981年にThe Manhattan Transferにカバーされたものです。編曲者のGene Puerlingは、この作品でグラミー賞をとっていますが、それも頷けると思います。歌唱ももちろんすごいのですが、なんといってもアレンジがお見事!

この作品(テイク)は、そもそもhamoさんとのコラボで、2009年の12月に公開した際に、女性2声をhamoさん、男性2声をバドマグで分担していたものですが、今回はそれをベースに、女性を含めて全てのパートを、負傷じゃなくて不詳じゃない(けどいえてる)、不肖バドマグが唄わせていただいております。

お聴きのとおり、かなり難しい和声が展開されるのですが、hamoさんが楽譜をmidiに置き換えてくださり、また上の2声を予め録音しておいてくださったおかげで、どうにかバドマグでも挑戦することができました。

hamoさんには、この場を借りて改めて御礼申し上げますm(_ _)m

では、お楽しみいただければ幸いに存じますm(_ _)m


=================

Credit: All vocals guided by hamo and sung by BudMag.

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Cakewalk SONAR
マイク
RODE NT
コンピュータ
Windows PC Windows PC
ミキサー
YAMAHA MG124

32件のコメントが寄せられています。

03:47 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 190
  • お気に入り: 30
  • ジャズ
  • カバー作品
  • "A Nightingale Sang In Berkeley Square"
    The Manhattan Transfer
    (jasrac) 0N0-1240-6
2011/04/26 19:10