ジオラマと展望台

rainy*star

作品紹介・説明

メッセージソングは苦手ですが、前から持っていた
イメージを使って作ってみました。

2011年5月26日:音源差し替えました(*^^)v
2011年6月10日:音源差し替えました。(たぶん最後^^)


イメージの補足:

4歳まで住んでいた、部屋の窓から見えた箱庭のような景色を今でも覚えています。
目の前には川、左側に橋が架かっていて、その向こうに通っていた幼稚園が見えていました。
私の関心は遠くに聳えていた2本の工場の煙突で^^窓から道順をたどったりしていました。
世界は広くて、子供の自分は行くことができないけれど、憧れの場所でした。
引っ越してからはもう忘れていましたが、結局、行くことはなかったなぁ~とちょっとだけ心残りです^^
そんな子供の頃の自分とシンクロさせています。

プロダクト説明

KORG D4
SHURE

18件のコメントが寄せられています。

歌詞

ジオラマと展望台

見下ろした町並みの中を
歩いている人の群れ
指先で追いかけて
また迷路に迷い込む

日常に塞がれた世界は
思うほど広くなくて
同じ道行ったり来たり
繰り返すだけなんだ

行きたい場所があったこと ずっと忘れてた
今は遠くの景色の中で 霞んでしまってるよ

いつまでもたどり着けない
変わらずそこにあるのに
流されてばかりいるんだ
そしていつもここにいる


毎日言い訳の道草で
おなかがいっぱいになる
地図を何度も確かめて
近道探しては遠回り

途中で何かを落としても
しかたないと諦めて
小さな自分を閉じ込めた
狭いジオラマの中に

見えない壁を壊せたら 吹き抜ける風に
霞んだ景色も晴れるかな もう一度見つけ出そう

どこまでも行けるはずだよ
夢が待っている場所へ
今度こそ見失わないで
信じたとおりに行こう

いつまでもたどり着けない
変わらずそこにあるのに
流されてばかりいるんだ
そしていつもここにいた

どこまでも行けるはずだよ
夢が待っているから
見えない壁の向こう側で
ずっと待っているから

18件のコメントが寄せられています。

05:03 / 160kbps

共有する

  • 再生回数: 115
  • お気に入り: 15
  • Jポップ
  • オリジナル作品
2011/05/24 19:22