Dat Dere / Rickie Lee Jones

Shore

作品紹介・説明

初コラボです。

曲はジャズスタンダードで「Dat Dere」

Rickie Lee Jonesのバージョンが好きでこの曲取り上げました。

タイトルの「Dat Dere」というのは舌足らずの子供が「That There」と発音するところを
うまく言えずに「Dat Dere」に聴こえてしまうところからきています。

「あれ何?何してるの?」と矢継ぎ早に質問してくる好奇心旺盛な子供と
その対応に困る親のことを歌った曲です。

ちなみにうちの質問好き子供たちは、私の宅録機材を見て「これ何?何するもの?」
と聞いてきますが、「さわっちゃダメ」と答えます(笑)

今回は、ボーカルとフルートをSbastianさんにお願いして
オケは私が作りました。

この曲、息子パートとお父さんパートがあるんですが
Sbastianさんがキャラを分けて見事に歌い上げてます。
凄い表現力。聴きどころです。

では、お聴きください。

プロダクト説明

Guitar:阿部保夫
E.Piano:Scarbee Mark I
Bass:KORE Player 2
Drums:Battery3

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Cakewalk SONAR

Sebastian

作品紹介・説明

Shoreさんからありがたいお誘いを頂きまして、参加させていただきました。

まず選曲が渋いです。Dat Dereを提案された時は自分の声質に合うのか少し不安でしたが、Shoreさんはプロデューサー的素養に溢れる方なので、きっと何とかしてくれるだろうと2日間練習していざ録ってみたら、思ったよりずっとうまくいきました。

また当初はパーカッションも任されていましたが、MIDI打ち込みのあまりの大変さに
8小節で泣きながら断念、なんとそのままバトンを返してしまいました。
プロデューサーは何事もなかったかのように見事なボンゴ打ち込みでフォローしてくれました!(尊敬)

歌ってみて気がついた事がひとつ。
やっぱりShoreさんはオケの作り込みが非常に丁寧で、今回の曲は子供のように歌うべき部分があるのですが、いくらリズムを外そうが音程を外そうがビクともしない頑丈な土台の上では、本当に気持ちよく自由に歌えるんだなぁと感じました。

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Apple Logic
コンピュータ
Apple Mac
オーディオインターフェース
APOGEE Duet

23件のコメントが寄せられています。

04:01 / 320kbps

共有する

  • 再生回数: 201
  • お気に入り: 24
  • ジャズ
  • カバー作品
  • コラボレーション
  • "DAT DERE"
    RICKIE LEE JONES
    (jasrac) 0D0-0304-7
2011/06/12 12:48