あなたには言えない、

garuworks

作品紹介・説明

「CAN'T TELL YOU」1993年、矢野顕子さん「LOVE IS HERE」より。
フジ系列、「有言実行三姉妹シュシュトリアン」のエンディングテーマです。

ギターとお唄での、ツインボーカル的なイメージで制作しました。



追伸:
フォークでもないし、ポップスでもないし、相変わらずジャンルは難しいですね。
ギターだから、ジャズかあ!くらいのノリで(← 違うと思う。)

プロダクト説明

スタさんと「ギター一本勝負!」再開の巻、


いつか唄いたかった曲のひとつです、
フリーテンポでゴゥ!ということになり、正直焦りました。

感覚だけで唄い、後はスタさんの感性にお任せ致しました。
多謝。

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Apple GarageBand
オーディオインターフェース
M-AUDIO FireWire
マイク
AKG C
コンピュータ
Apple Mac
モニター
SHURE SRH

starlight

作品紹介・説明

けだるい昼下がり、彼女について考える…

彼女は、自立心の強い大人の女性…

どんな些細な事もあなたと共有したいと思う、でもあなたには言えない
あなたの事が好きだけど、でも私の愛を、あなたにあげることはできない

そんな彼女へ、どうやって気持ちを伝えようかと、

ボクが出した結論は…

ひたすら、彼女を想うこと、慕うこと、そして心配すること、守ること、決して言葉には出さずに、

そして、彼女が誰かにすがりたくなった時…
誰かの胸で泣きたいと思った時…

その時に、最初に彼女の頭の中に浮かぶのが、ボクでありますようにと…

プロダクト説明

starlightです!

暫くMTをお暇していましたが、新しい作品を公開できて感無量です。

今回は、矢野顕子さんの名曲を、オリジナルアレンジでお届けします。
アレンジのコンセプトは、原曲のアンニュイな雰囲気は残しつつ、
ちょと小粋なフレンチJazzっていうイメージです。
そして、フリーテンポなのですが、
それにバッチリ合わせてくれるというか、自然に合うんですよねえ、ガルボイス!
ガルさんのボーカルは、カバーでもオリジナルを作っている様な感覚にさせてくれます。
自分にとっては最高のボーカリストさんであります。


そして、今回はマスタリングの新兵器~~!
Takeさん推薦の、A.O.M. Invisible Limiter
詳細は、Takeさんのブログを参照してくださいネ!
http://musictrack.jp/index.php?pid=blog&uid=1960&bid=33004

こういったアコーステックな音は、空間命なんですが、
音圧を上げると平べったくなりますよね、
その点、いい感じで音圧上がっていくなあ、という感想です。
気持ちよく上がるので、注意しないと上げ過ぎちゃうかな?
上げ過ぎると、音源の劣化は無くても、聴感上で平べったく聞こえるので加減がむずいです。
小さかったら、ボリューム上げてください!
くらいがちょうどいいかもです。

今回は、オーバーサンプリングつまみをマックスで書き出してます。
たった、モノラル2トラックなのに、ものすごいCPU負荷^^;

でも、さすがCore i7 、ファンはブンブンいってましたが一気に書き出せました^^
一旦、2mixにしてからの方が、無難かもしれませんね!
今回は、そのワンクッションも嫌だったので一気に書き出しましたがw
と、プラッシーボ効果を狙ってみたりして(^_−)−☆


ボーカルエフェクト
BootEQ mkII

リバーブ
TC Electronic M30 Studio Reverb

マスタリング
Density mkII
A.O.M. Invisible Limiter

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Cakewalk SONAR
オーディオインターフェース
EDIROL UA
モニター
YAMAHA MSP, SONY SMC MDR
アコースティック・ギター
Ovation Ovation

23件のコメントが寄せられています。

04:30 / 320kbps

共有する

  • 再生回数: 141
  • お気に入り: 24
  • ジャズ
  • カバー作品
  • コラボレーション
  • "あなたには言えない"
    矢野顕子
    (jasrac) 017-5484-0
2011/06/21 21:58