in the pet shop

Arthur Mac

作品紹介・説明

歌詞

店は帰り道
近くて遠い
ドアからジャングルの不協和音
「名前は決まった?」
と尋ねる子の方にずっと興味があるのさ

「暑くて元気がないようなら
このミミズを食べさせて欲しい」
その前に、ここにもっと
弱った僕は細く折れそうな枝にしがみついてる
二人を唯一つつなぐものは
この透明なケース
中にいるやつには
本当に世話が焼ける

そろそろ思い切りが必要な時期
尻尾をつかみながら僕は思案した
爬虫類以外の動物も
あの子のストライクゾーンかもしれない

「毛が生えた動物も勿論好き」
じゃあ今度くる映画は
獰猛な動物の愛を描いてるらしい

新しい手帳を選ぶ 色はみどりを
太陽は立場を変えて
僕の見方になった
ケースの中で遊ぶ
羽を広げて
虹色の模様が見えた

初めて手袋をつけないで触る
こいつにも鳥肌が立つことがあるのか?





プロダクト説明

martin

03:50 / 128kbps

共有する

  • 再生回数: 32
  • お気に入り: 0
  • ポップス
  • オリジナル作品
  • 作詞:nonaka
  • 作曲:nonaka
  • 編曲:nonaka
2011/06/26 23:58