夢のカリフォルニア/ママス・アンド・パパス

ワンマンボーイ

作品紹介・説明

夢のカリフォルニア/ママス・アンド・パパス California Dreamin

ビーチボーイズの楽曲同様にアメリカ西海岸を思い浮かべることの出来る曲!!
真っ先に思い浮かぶ曲といえば・・・
ワンマンの中で堂々一位は
アルバートハモンドの”カリフォルニアの青い空”
次点で今作の”夢のカリフォルニア”・・・が来ます(^_^)v
(両方とも歌詞&タイトルにカリフォルニアって言葉があるだけかぁ〜(^_^)?)
なぁ~んか・・・ほんとさわやかでいい感じの曲ですよねぇ・・・
でもこのママス・アンド・パパスも
ビーチボーイズ同様さわやかなサウンドとは裏腹に
けっこうドロドロした関係がバンド内であったようですね(爆)
まっ!それは今回置いといて(^_^)
楽曲について・・・
ワンマン学生時代に音楽雑誌を読んでいて
1965年に夢のカリフォルニアで
初めてポピュラー界でsus4の響きが持ち込まれた・・・
といった内容の記事を読んだ記憶があります!!
当時は信じてましたが
はたしてそうか~?
う~ん!よくわかりません(爆)
野口五郎ではないですが
そんなことどうでもいいですね(オレンジの雨)!
彼らは男2人女2人の4人からなるコーラスグループ!!
当然コーラスと聞いただけで耳がピクつくワンマンです(爆)
しかし今作はsus4のコーラスが新鮮ではありますが
特に複雑なコーラスはありません!!
すでにお聴きになられている皆さん!!
妙にサウンドがママス・アンド・パパスバージョンと違う!!
って思ってませんか(^_^)
あのへそ曲がりなワンマンがまともにコピーするはずが無い!!
って思っておられる方!!めずらしく正解です(爆)
このバージョンはビーチボーイズのカバーバージョンが下敷きとなっています!
そして12弦ギターはバーズのあのロジャーマッギン!!
こうくればもうカリフォルニアサウンドは約束されたもの!!
って思うでしょう!!
ところがどっこい!!
まずお聴きください!

http://www.youtube.com/watch?v=H-ThPN8ZY4I&feature=related

1986年当時の作品です!!
もうまさしく80年代の音です!!
何がってあのドラムの音です!
当時ピーターゲイブリエルのレコードで初めて聴かれた
ゲートエコーのかかったドラムサウンド!!
最初は新鮮で良かったけど
猫も杓子もゲートエコーを使い正直しんどいサウンドです!
しかもやたらとスネアの音がデカイ(爆)
そうはいっても当時ワンマンもこの音に痺れてましたので
偉そうなことは言えません(^_^)v
そこでワンマンなりに自分の好きなバランスに・・・
って気持ちが今回の挑戦のきっかけでした!!

ですが、一度完成してみたもののグッとこない!!
しばらく放置してました(爆)
で最近聞き直してみたら
彼らの売りのコーラスが弱いことを発見!!
ビーチボーイズバージョンがどうかはわかりませんが
よりウザく!より分厚いコーラスに変更です!!
ちょっとはマシになったかなぁ・・・

使用したプロダクト

シンセサイザー
YAMAHA MOTIF
音楽制作アプリケーション
Steinberg Cubase
コンパクトエフェクター
LINE6 Pod
コンピュータ
Apple Mac
エレクトリック・ギター
Rickenbacker Rickenbacker
アコースティック・ギター
Martin Martin

39件のコメントが寄せられています。

03:05 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 276
  • お気に入り: 42
  • ポップス
  • カバー作品
  • "CALIFORNIA DREAMIN"
    THE MAMAS&THE PAPAS
    (jasrac) 0C0-8630-5
2011/06/28 22:33