Take Five Beats(英語デュエットVer.)

Goronyan

作品紹介・説明

マイサウンド時代に発表した曲です。
もともとは日本語の曲だったんですが、英語のボーカロイドを買ったこともあり、またあるコンテストに応募するためということもあり、英語デュエットバージョンを作りました。

五拍子の曲なのですが、ドラムのタイプはミクスチャーの五拍子のドラムとしてあるものを使っていて、それにかなりイメージ的に助けられた気がします。他にもミクスチャーで自動に推薦するコード進行を一覧で表示させる機能などもサビの部分のみ、このとき初めて使いました。その機能を使ったのはこの曲だけなんですが、自分では思いもつかないコード進行で、それに乗せる形でメロディーが決まったという、そんな思い出があります。

また、ある方がこの曲を歌ってみたいと当時書き込みがあり、それが縁でその方とはコラボをするようになったのですが、この曲に関しては断念されています。

使用したプロダクト

ボーカロイド
CRYPTON VOCALOID
音楽制作アプリケーション
INTERNET Singer Song Writer, INTERNET MIXTURE
コンピュータ
Windows PC Windows PC
オーディオインターフェース
YAMAHA AUDIOGRAM

6件のコメントが寄せられています。

歌詞


Your face is funny rather than handsom.
(Even your face seems to be similar)
But,only the driving profile is cool.
(Even if you praise me, I present nothing)

When you watch only a woman, an accident surely happens.
(Because you are too pretty, I admire it carelessly)
How good at exchanging a story! But,I like it.
(Where will we go to? I don't decide the destination)

If the sky continued clear day after day (after day)
Shall we go to the opposite point of the beautiful earth.

Our sweet way along the beach.
See breeze on my right cheeks.
I felt something warm on my left.
0ne more kiss, and, take five beats.

あなたの顔ってハンサムって言うより面白いわね
(君の顔だって同じようなもんじゃないか)
でも運転しているその横顔だけはイケてるかも
(褒めたってプレゼントはないけど)

女性ばかりに目を向けてると、事故するわよ
(君が可愛いもんだから、不注意になってたことは認めるよ)
話をすり変えるのが上手いわね。でも気に入ったわ
(これからどこ行く? まだ決めてないんだけど)

もしも晴れが毎日ずっと続くのなら
地球の反対まで行ってみましょうよ

海岸沿いの私達の甘い感じの道
右の頬に感じる海風
左側にも何か暖かいもの感じた
もう一度キスして、そして5拍子のリズムを刻んでみて



Samba shakes the ground, (and dancers shake their hip)
Waltz keeps the step (like a virgin)
Rock beats my heart, (as if you were by my side)
House moves our rhythm, (and we begin dancing naturally)

Our minds maybe have things (such as pluses)
They are resonant, (and new rhythm is bone)
While drawing it on the canvas (in our heads)
Let's go for a drive (for a exciting feeling)

If the sky continued clear day after day (after day)
Shall we go to the opposite point of the beautiful earth.

Our winding way through the mountain.
Chirps of birds into my right ear.
I heard your whisper from the left.
Please approach more, and, say once again.

サンバは地を揺るがせる(そしてダンサーは腰を振る)
ワルツはステップを保つ(まるで処女のように)
ロックは心臓を打つ(まるで君が横にいるときのようにね)
ハウスは私達のリズムを浮き立たせる(情熱的にね)

私達の心はきっと持ってる(まるで波動のようなものを)
それらが共鳴する(そして新しいリズムが生まれる)
キャンバスにそれを描きながら(頭の中のね)
ドライブに行きましょう(エキサイトしながらね)

もしも晴れが毎日ずっと続くのなら
地球の反対まで行ってみましょうよ

山を抜ける私達の曲がりくねった道
右の耳には鳥のさえずり
あなたの囁きを左の耳から聞いた
もっと近づいて そしてもう一度言って


If the sky continued clear day after day (after day)
Shall we go to the opposite point of the beautiful earth.

How long does it take time?
It's near eternally.
But I feel that we can go there.
Take my hand, and, take five beats.

もしも晴れが毎日ずっと続くのなら
地球の反対まで行ってみましょうよ

どのぐらい時間かかると思う?
永遠に近いよね
でも私思うんだけど、私達なら行けると思う
手を握って、そして5拍子を刻んで

6件のコメントが寄せられています。

04:36 / 128kbps

共有する

  • 再生回数: 46
  • お気に入り: 3
  • ポップス
  • オリジナル作品
2011/08/03 19:15