ピアノ協奏曲第2番ハ短調Op.18 第1楽章 / ラフマニノフ

MOTO

作品紹介・説明

「のだめカンタービレ」でおなじみの曲ですね。シュトレーゼマンが初登場するあたりのクライマックスで、千秋にとって大きなステップになった曲です。

ラフマニノフは4曲のピアノ協奏曲を作曲していますが、この第2番はその中でも最も有名であると同時に「20世紀に作られた最もすばらしいピアノ協奏曲」ともいわれています。
「これぞロシア」というような旋律をオーケストラが奏でます。この曲の特異な点はピアノ協奏曲でありながら、ピアノは全般的にオーケストラのオブリガート的な役割に徹しているということです。

----------------------------------------------------

第2・3楽章は打ち込みがほぼ完了していますので近いうちに順に公開していきます。

次は、リストのピアノ協奏曲を考えましたが、一旦ピアノ協奏曲から外れてチャイコフスキーのピアノトリオ「偉大な芸術家の思い出」をやってみようと思ってます。でも、時間が取れそうにもないので年明けになってしまうかも…。

プロダクト説明

PIANO : SYNTHOGY Ivory 1.6 Grand Pianos - German Steinway D9 Concert Grand

使用したプロダクト

シンセサイザー
Roland SC
音楽制作アプリケーション
INTERNET Singer Song Writer
オーディオインターフェース
EDIROL UA
モニター
EDIROL MA, audio-technica ATH
コンピュータ
Windows PC Windows PC
PCM音源ソフト
SYNTHOGY Ivory

17件のコメントが寄せられています。

11:04 / 157.338kbps

共有する

  • 再生回数: 278
  • お気に入り: 29
  • クラシック
  • パブリックドメイン作品
  • "PIANO CONCERTO No.2 IN C Minor Op.18 1st Mov."
  • 作曲:RACHMANINOV SERGEI VASIL'EVICH
2011/08/23 23:22