ふらわー

秋桜

作品紹介・説明

サビの高いメロディーと、「私」を花に例えた歌詞に注目してください!

プロダクト説明

ギターはYAMAHAのエレアコAPX500を使用しています。

使用したプロダクト

レコーダー
BOSS MICRO-BR

2件のコメントが寄せられています。

歌詞

生きる力をなくした 枯れ果てたいのち                
水もなく光さえも失われていく世界
唯一大地を濡らした 悲しみの滴
今ではそれさえも乾いてしまったの

私を動かした気持ちを返して
君がいないと泣くことまで忘れてしまうよ

どんなに辛いことがあっても 輝ける勇気をそうくれたよね
誰より信じる夢と君さえいれば 花になれる

生きる理由をなくした 干からびたいのち
叶えたい夢の数をいつしか忘れていたの
夢という肥料をなくした 幼なすぎる新芽
一人で生きることすらも出来ないの

光で満ち溢れたあの日に帰して
君がいたから嵐の日も諦めなかった

私を支えてくれたものは水より光より君だから
この世がなくなっても君を探すから 見つけるから

どんなに水がたくさんあっても
光が降り注いでいても
いつの間にかそれだけでは
何故か 花を咲かせられないんだよ
何より 大事な 君がいない 世の中じゃ…

今まで枯れずにいられたのは
「君がいる」その言葉を心に
いつでも君をそばに感じられたから ここにいるの

どんなに辛いことがあっても 輝ける勇気をそうくれたよね
誰より信じる夢と君さえいれば 花になれる
君のそばで 花になろう

私らしく 花を咲かそう。

2件のコメントが寄せられています。

05:28 / 128kbps

共有する

  • 再生回数: 52
  • お気に入り: 3
  • Jポップ
  • オリジナル作品
2011/08/27 19:44