伝道の書に捧げる薔薇 A Rose for Ecclesiastes 第3曲 A Rose/Jun Yamamoto (テルミン)[2011.9月]

三毛子

作品紹介・説明

この曲はテルミンのために書かれた組曲の第3曲です。
Jun Yamamotoが過去に築いたアイデアも取り入れられてはいますが、わたしがテルミンで弾くために纏め上げられて、2005年5月に東京で開いたライブで初演、テルミンとシンセサイザーによる演奏を2006年1月にネット上にUPしていました。
そして今回、テルミンとピアノによる演奏を新たに録音しました。

以下、Jun Yamamoto本人による解説です。

ロジャー・ゼラズニーの同名の小説"A Rose for Ecclesiastes"(1963)に想を得た作品です。原作の小説は火星を舞台にしたとても幻想的にしてセンス・オブ・ワンダーに富んだ傑作です。日本語訳はハヤカワ文庫で浅倉久志さん他の翻訳で出版されましたが現在は絶版のようです。英語原文が http://musictrack.jp/musics/26810 で読めます。

本作品はエリック・サティーの「ジムノペディー」の形式を借りた、異世界(火星)の舞曲として、独特の浮遊感をもつテルミンの音色を最大限生かすべく発想しました。いずれもA-B-Aの三部形式によるゆったりしたテンポの3曲からなり、各曲の タイトルは1. M'Cwyie 2. Braxa 3. A Rose です。
第3曲 A Roseは火星において再生された地球の薔薇を指します。さまざまな旋法を組み合わせ、転調を多用して書きました。

第1曲 M’Cwyieは http://musictrack.jp/musics/40850、第2曲 Braxaは http://musictrack.jp/musics/40851、以前にUPしたテルミンとシンセサイザーによる演奏(全曲)は http://musictrack.jp/musics/26810 です。

プロダクト説明

レコーダー:Fostex VF80

使用したプロダクト

シンセサイザー
Roland SC
音楽制作アプリケーション
Cakewalk SONAR
PCM音源ソフト
GARRITAN GARRITAN

Jun Yamamoto

作品紹介・説明

ジムノペディは、古代のギリシャの踊りの名前で、もちろん今となってはどのような音楽が演奏されていたのかを知ることはできませんが、エリック・サティはこれを彼自身のイメージで創作し、3つのジムノペディーを書き上げました。私の伝道の書に捧げる薔薇は同じ三拍子の形式で書いてあります。エリック・サティ、リスペクト!

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Cakewalk SONAR
PCM音源ソフト
GARRITAN GARRITAN

2件のコメントが寄せられています。

02:55 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 49
  • お気に入り: 5
  • クラシック
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
  • 作曲:Jun Yamamoto
2011/09/12 23:01