アルバムの中の「私」

04:16 / 128kbps
  • 再生回数: 26
  • お気に入り: 1
  • ポップス
  • オリジナル作品
  • 作詞:ALTVENRY
  • 作曲:ALTVENRY
  • 編曲:ALTVENRY
  • ボーカル:ALTVENRY
  • ミキシング:ALTVENRY

歌詞

歌詞を表示する 歌詞を非表示にする

風の音にいやされてるのは
長くつらい旅が終わるから
君と離ればなれになーって
一人サミシサをかみしめてた

安らかなる時のゆりかごは
眠りを誘う振動つづけ
母親の乳房を求めてる
幼子みたいに微睡んでいる

刹那さに心まで
悩まされ涙に暮れてた
あの時からこんな日々が
来るなんて思いも寄らずに
諦めないで時間が心の
澱みを洗い流してく

遠く遙か思いえがいてた
希望にかがやくはずのみらい
予測なんてだれにも無いみと
ニュースキャスターは知らない顔

目のまえの嫌なこともいつか
どこか見えないとこに消え失せ
つらく悲しいおもいでひめた
苦しんでいた日々にさよなら

闇の中眠れずに
ラジオのスイッチひねれば
ジョークでさえあたたかな
語り手のやさしさが見える
時には朝を待つのもいいさ
思わぬ景色に出会える

哀しみも喜びも
いつの日か思い出に変るから
過ぎ去る夏を記憶に留めて
ページの中に閉ざして

時にはアルバムめくって今の
「私」と比べて微笑む

公開日:2011/09/30 14:56
Copyright © Grantech co., ltd. All Rights Reserved.