篤姫(Orchestra Version)

動物使い

作品紹介・説明

久しぶりに投稿します。
今回は「篤姫」のオーケストラバージョンです。

前作、ドヴォルザークの「家路」では音源についてだけでなく、らしさを演出するための方法やミキシングについても色々と勉強になりました。また、音取りのために作った「篤姫」のピアノバージョンでもピアノの打ち込み方が良く分かっておらず、減衰の速いピアノらしさが薄い音になっていたことが残念でした。今回はそれらの反省を生かして作り上げたつもりです。皆さんにはどのように聴こえますでしょうか。

ピアノバージョンと同様、スコアを買うお金を惜しんで耳コピで音を取った関係で少し違って聴こえることがあるかもしれません。パートによっては自身でアレンジした部分もあります。おかしかったら直しますので教えてくださいね(笑)。

ストリングスがメインの曲ですが、主旋律ばかりを追わず色々な脇役の音たちにも耳を傾けて頂けるとうれしいです。暖かいホルンの副旋律、コントラバスのピチカートのずれ、ひっそりと鳴るクラリネット、ヴァイオリンとヴィオラの掛け合い、木管楽器のハーモニー、遠くに聞こえるトランペット、リバースシンバルの緊張感など。また、テンポの揺らしや音の膨らみ、消え際にも十分な注意を払ったつもりです。

ストリング関連の音は自身の求めている表現がなかなか出せず結構苦労しました。
こういったところはやはり VIENNA や EastWest に代表される高級音源に分があるのでしょうね。と言うことで HALion Symphonic Orchestra は十分に使い倒したのでこれで卒業しようかなと思っています。

次は何をしようかな。チョット疲れちゃった。。。

プロダクト説明

Cubase 6
HALion Symphonic Orchestra

14件のコメントが寄せられています。

02:50 / 320kbps

共有する

  • 再生回数: 858
  • お気に入り: 11
  • Jポップ
  • カバー作品
  • "篤姫メインテーマ"
    吉俣 良
    (jasrac) 146-5149-1
    ミキシング:動物使い
2011/10/15 19:27