協奏曲集《時の路辺で》 3.オーボエ協奏曲「傲岸少女は家族のために」

naka1986

作品紹介・説明

協奏曲集《時の路辺で》
3.オーボエ協奏曲「傲岸少女は家族のために」
(江里香のテーマ-傲岸不遜-世界が私達を疎外するなら私達が世界の中心になってみせる-素直な心-江里香の不安-生きることすら許されないなんて……-大家族の愛情)

自作小説がアニメ映画になったらと言う妄想のもと作成したサントラ第2弾です。
今回は主人公以外で最も重要な人物、大学の看護学部で知り合い、親友となる篠崎江里香に関連する曲のメドレーです。
明るいけれども高飛車で、他人を見下したようなところのある彼女。それにはある秘密があったのです……。

秘密と書いておいてなんですが、ちょっとイメージをバラしちゃってます(笑)。それは楽器。
本来の江里香のイメージが素朴なものなので、オーボエ協奏曲にしてみました。
協奏曲が分かってないので、相変わらずソロ楽器の活躍が見込めない、ただ管弦楽曲にオーボエ・ソロがあるだけの曲なのですが(汗)。

管弦楽法の本は届きましたがまだ読みこなせていないため、本来ならあり得ないことをまたやっているかも……。

でも頑張りましたので、お楽しみ頂けたら幸いです。よろしくお願いいたします。

楽譜はこちら
相変わらず管楽器全てに1段ずつ五線を割り当てていますので、その筋の方は変だと思われるでしょう。前作もこうしましたので統一のためと、DTMですので定位などの設定を個々に行いたかったためと、ふたつの理由があります。記譜ルールも分かっていませんので、その他変なところがあるかも知れません。ご容赦下さい。


制作環境
打ち込み、mix、録音:Sibelius 7
エフェクト、mp3化:Cubase 5.5.3
音源:Vienna Special Edition


(2011.10.23)ハープが埋もれていたのでレベルを上げて音源を上げ直しました。
(2011.10.24)ハープのレベル全体を持ち上げたため、最初の部分のレベルが上がりすぎていました。オートメーションを書いて、最初のpと途中のfの差が感じられるようにしました。ホルンのVelocity Crossfadeを調整し直して再録音し、音源を上げ直しました。
(2011.12.21)Velocity Crossfadeを調整し直し、強弱記号をつけ直しました。そしてエフェクトも見直して再録音し、音源を上げ直しました。それに伴い修正した楽譜も上げ直しました。移調楽器は移調譜にしてあります。

プロダクト説明

Roland OCTA-CAPTURE

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Steinberg Cubase, Sibelius Sibelius
モニター
YAMAHA MSP
コンピュータ
Windows PC Windows PC
PCM音源ソフト
Vienna Vienna Instruments

19件のコメントが寄せられています。

10:49 / 160kbps

共有する

  • 再生回数: 56
  • お気に入り: 14
  • スクリーンシネマ
  • オリジナル作品
  • 作曲:naka1986
2011/10/22 21:37