J.シベリウス / 組曲「カレリア」 Op.11 - 間奏曲

Kamoto

作品紹介・説明

フィン人発祥の地である、カレリア地方の13~19世紀までの歴史を描写した劇音楽から誕生した組曲。
間奏曲は、第3景にてリトアニア王女がカレリアの住民から徴税していた時代を描写した曲です。
曲の構成が何となくベートーヴェンのトルコマーチを想起させますね。

使用したプロダクト

シンセサイザー
Roland SC
音楽制作アプリケーション
INTERNET Singer Song Writer
オーディオインターフェース
EDIROL UA
コンピュータ
Windows PC Windows PC

03:43 / 128kbps

共有する

  • 再生回数: 23
  • お気に入り: 5
  • クラシック
  • パブリックドメイン作品
  • "Karelia-Suite Op.11 - Intermezzo"
  • 作曲:J.Sibelius
2011/11/11 23:46