【マイク対決】スタジオマイクに迫る !!『TASCAM DP-008』VS『RODE NT1000』by「もののけ姫」

☆ぴぃ〜

作品紹介・説明

『もののけ姫 / 米良美一』1997

『TASCAM DP-008』
モバイル8トラックMTR
〜2ndインプレッション〜
内蔵マイクはスタジオマイクにどこまで迫れるのか ?!

これまでのメモ用オマケ的「内蔵マイク」だったら比較する意味も無いのですが、この内蔵マイク「音の輪郭」をシッカリ捉える「高域特性」を持ち「音色」を決める「倍音成分」を集音出来る「優れモノ」なのでカットされている低域(80Hz)をプリEQ+8dBとポストEQ+8dB補正、更に「ダメ押し」で高域(12KHz)をポストEQ+3dB補正して、スタジオマイクの雄「RODE NT1000」(補正無し)に『どこまで迫れるのか』検証してみました

なんで、比較対象が「RODE NT1000」かとゆーと…
1stインプレで「TASCAM DP-008」(610g)を「手乗り」収録していて「軽っ!もしかして『RODE NT1000』と同じくらいかぁ?」と思って「RODE NT1000」(680g)を引っ張り出してみたら「NT1000」の方が70g重かった…で、「重さ」が同じくらいだからって「比較」してしまう「理不尽な」ボクなのでアリマシタ… (笑)

▼2011.11.23.WED. 18:18 / t10_DP-008_intMIC_NT1000
 〜スタジオマイクに迫る !! 〜
「TASCAM DP-008」の「手乗り」収録に慣れて、いつもの「歌唱」でマイクの出音がハッキリ分かるようになってみると…ヤバッ!「RODE NT1000」リテイク(距離5cm)…(笑)

▼2011.11.21.MON. 20:20 / t9_DP-008_intMIC-t3_NT1000
 やはり「ハンデ戦」は宜しくないので、内蔵マイクcho.1だけリテイク

▼2011.11.20.SUN. 21:21 / t7_DP-008_intMIC_NT1000
 例によって「手乗り」収録なのですが…
「モニタリングの出音が違うから」というより、今まで経験がない「221(幅)×36(高さ)×126.5(奥行き)mm(突起部含まず)」形状をマイクとしてハンドリングする違和感からか相変わらず「歌唱」に集中出来ず、今回の【マイク対決】はハンデ戦の様相を呈しておりますが、「音」編集に手抜きはゴザイマセン…(笑)


※伴奏音は「YAMAHA音楽データショップ」MIDI データをダウンロードし
「YAMAHA MidRadio Player」+「YAMAHA TONE GENERATOR MUシリーズ
XG対応」を使用しています

プロダクト説明

RODE NY1000
TASCAM DP-008
audio-technica ATH-A500
SONY MDR-CD900ST

使用したプロダクト

レコーダー
TASCAM DP
マイク
RODE NT
モニター
SONY SMC MDR, audio-technica ATH

03:26 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 230
  • お気に入り: 0
  • アニメ
  • カバー作品
  • "もののけ姫"
    米良 美一
    (jasrac) 042-7563-2
  • ヤマハ音楽データ使用
    "もののけ姫"
    米良 美一
    (楽器演奏用 歌詞・コード表示対応)
2011/11/20 22:25