秘密の花

ALTVENRY

作品紹介・説明

G-RONさんとのコラボは第2弾。今回は自身のオリジナルのつもりで、ロック色をほんのちょっとだけ加味してますが……どうでしょう(^^)

前回の「暗い森」に続いて今回も森の中にひっそりと咲いている花という題材です。
「私を捨てていって」という文章が印象的なので、最初の3行をラストに繰り返しています(^^)

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Apple GarageBand
コンピュータ
Apple Mac
オーディオインターフェース
TASCAM US

G-RON

作品紹介・説明

ALTVENRYさんとのコラボ第2弾です(^^)
今回はALTVENRYさんオリジナル!ロックになりました。おお~。
この歌詞でロックに持っていくセンスが凄いです。
素敵な歌声と共に、雰囲気のある作品を作ってくださいましてありがとうございました~(^▽^)
ALTVENRYさんのナイスアレンジをお楽しみ下さいwww

「秘密の花」について
今回も森の中の話ですね。私はどうやら森が好きなようです。
空とか星とかもよくつかっちゃうのですが。何でしょう、壮大で色々想像できそうなのが好きなんだと思います。
「秘密の花」は、ネガティブな歌詞だと思います。ネガティブでありながらポジティブ?う~ん?
とりあえず他人を拒絶している感はいなめません。人間たまにはこんな思いになることもありますよね~。
うじうじすることもありますが、凛として花を咲かせれば、誰かがそっと見守ってくれているかもしれません。

使用したプロダクト

コンピュータ
Windows PC Windows PC

15件のコメントが寄せられています。

歌詞

静かな森の奥深く
誰も知らないその場所に
私を捨てていって

小さな泉の淵辺り
広く大地に根を下ろし
小さな木になって

一つの花を咲かせるの

朝の雫に陽の光
それはそれは美しい
静かな森にただ一つ
可憐な花を咲かせるの


静かな森の奥深く
誰も知らないこの場所に
私を捨てていって

あなたは二度と戻らない
誰も踏み入ることはない
私はここで一人

一つの花を咲かせるの

月の光は青白く
それはそれは凛として
静かな森にただ一つ
高貴な花を咲かせるの


誰も見たこと無いこの花を
誰にも見せたりしないまま

これで私は満たされる
水に姿映すため
静かな森にただ一つ
孤高の花を咲かせるの

15件のコメントが寄せられています。

03:58 / 128kbps

共有する

  • 再生回数: 72
  • お気に入り: 5
  • ロック
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2011/12/14 00:38