A Remark You Made

Sammie

作品紹介・説明

Arturiaから所謂Oberheim Polyphonicと呼ばれる8 Voice、4 Voiceのヴァーチャル音源であるOberheim SEM Vが発売されましたので、早速ゲットしました。今までOberheimのヴァーチャル音源は意外となかったのですが、権利関係の問題があったのかなと思っていました。私もOberheim系の音が欲しい時は実機のMatrix 1000などを使っていましたが、SEMのヴァーチャル音源だとまた気分的に違うものがあります(笑)。SEMのフィルターをシミュレーションしているというだけで、あの太い音が想像できますからね。で、OberheimといえばやはりZawinul先生だろうと言うことで、Weather Reportの楽曲の中から美しいバラード・ナンバーのこの曲をやってみました。この曲も学生時代にさんざんやっていた曲ですが、あの頃はポリフォニック・シンセなどは買えなかったので、Rhodesとモノ・シンセのみで演奏していました。それを思うと機材の進歩はありがたいですね。当時の実機の100分の1以下の値段でソフト音源が手に入ってしまうのですから。ということで今回はポリフォニック・シンセのパートは全てOberheim SEM Vを使っています。
このレコーディングの直前にジャズ・ベースの弦を交換したら音がやたら高域が目立つようになってしまい、ミックス時に大分カットしましたが、今度はちょっと丸くなりすぎたかな。あとこの曲は1カ所、通常のジャズ・ベースでは出ない音域を使っているので、その部分はTune Zi Bassの6弦フレットレスをダビングしました。Jacoはライブではその部分をピッキング・ハーモニクスで弾いていましたが、スタジオ録音の時はチューニングを変えていたんでしょうね。あとオリジナルでも数カ所ベースを重ねている部分がありますので、そこは今回もダビングしています。

プロダクト説明

Console: YAMAHA 02R
Audio Interface: MOTU 828mk3
Midi Interface: MOTU MIDI Timepiece AV
DAW Software: Digital Performer 7.24
Computer: Apple MacBook
Instruments: KORG SG Sampling Grand, USB Rhodes mk I, ARP2600V, Oberheim SEM V, Fender Jazz Bass, Tune Zi Bass, LINE6 Bass Pod Pro, Sample Modeling Mr. Sax, Toontrack EZX Pearl Reference Series Kit, Zildjan Cymbals
Master Recorder : SONY PCM-R500
Mastering Software : PEAK LE with T-Racks Plugin, Sonnox Oxford Inflator

使用したプロダクト

シンセサイザー
Roland SC
ソフトシンセサイザー
ARTURIA ARP2600 V
ドラム音源ソフト
FXpansion BFD, TOONTRACK EZ
音楽制作アプリケーション
MOTU Digital Performer
オーディオインターフェース
MOTU MIDI Timepiece
MIDIコントローラー
YAMAHA WX
エレクトリック・ピアノ
KORG SG
コンピュータ
Apple Mac
PCM音源ソフト
UVI UVI Workstation

06:53 / 320kbps

共有する

  • 再生回数: 88
  • お気に入り: 1
  • フュージョン
  • カバー作品
  • "A REMARK YOU MADE"
    Weather Report
    (jasrac) 0R0-9218-8
2012/02/11 13:34