「はらはら」 作詞 G-RON

MILKHOUSE

作品紹介・説明

「はらはら」は桜を歌った詞です。G-RONさんの目の付け方と思いやりは素晴らしいと
思います。桜の中に人と人生が重なってくる気がしました。
G-RONさん ありがとうございました。
では聴いてくださいね。

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
INTERNET Singer Song Writer
マイク
SHURE BETA
MIDIコントローラー
EDIROL PCR
モニター
SHURE SRH

G-RON

作品紹介・説明

MILKHOUSEさんに曲をつけていただきました~(^^)
なんと演歌!おおお~!
和テイストな歌詞なので和な感じの曲がつくだろうか~と思っておりましたが、まさに和(^o^)
MILKHOUSEさんの渋い歌声をご堪能下さい!


「はらはら」について
桜は綺麗ですよね~。満開に咲いているのも華やかで素敵ですし、はらはら散っていくのも趣きがあって魅せられます。
たくさんの人に色んな愛でられ方をされる桜ですが、最後の花はどんな愛でられ方をするのでしょうか。
誰かに見守られているかもしれない。誰にも気づかれないかもしれない。
でもそんなこととは関係なく、いつも空はあるのです。
最後の花は、きっと空がよく見えることでしょう。

使用したプロダクト

コンピュータ
Windows PC Windows PC

7件のコメントが寄せられています。

歌詞

「はらはら」 作詞 G-RONさん

たとえば杯に散り落ちて愛でられるもの
たとえば草陰に散り落ちて消えゆくもの
 散り残る花は濡れた大地を見下ろし
 去っていったもの達の最後を見届けた
なれど 
最後の花の散り際を見届けるものはあるだろか
せめて上向きはらはらと優雅に舞い落ちていこうか
そこにあった青空が花にとっての救いなら
枝葉のばせど 届かない高さで見届けて欲しよな

たとえば最初に散り落ちて支えているもの
たとえば半ばに散り落ちて色残すもの
 散り残る花は色づいた大地を見下ろし
 去っていったもの達の最後を見守った
なれど 
すべての花の散り際を見届けるものはあるだろか
せめて上向きはらはらと大地に模様を残そうか
そこにあった星空が花にとっての救いなら
枝葉のばせど はかれない広さで見守って欲しよな

最期を知るものがあるなら散ってなお
そこに意味が生まれるだろか   なればこそ
最後の花の散り際を見届けるものはあるだろか
せめて上向きはらはらと優雅に舞い落ちていこうか
そこにあった青空が花にとっての救いなら
枝葉のばせど 届かない高さで見届けて欲しよな
どうか どうか

7件のコメントが寄せられています。

05:39 / 128kbps

共有する

  • 再生回数: 36
  • お気に入り: 5
  • 演歌
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2012/02/27 10:54