「さくらのころ2012」 作詞 島田 良彦

MILKHOUSE

作品紹介・説明

2005年に作った曲を若干手直しし、歌いなおしたものです。さくらの花の開花もすぐですね。
今週は桜ウィークになりそうです。では聴いてくださいね。

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
INTERNET Singer Song Writer
マイク
SHURE BETA
MIDIコントローラー
EDIROL PCR
モニター
SHURE SRH

6件のコメントが寄せられています。

歌詞

「さくらのころ2012」

久しぶりの夕焼けを
桜の下で見た
はらり ほろり さらり 風が
さらっていくよ

思い出したよ あの時も
こんな満開の 心のうちを
花びらのように 散らした

磨り減った 石段を
危なげな足取りで
からり ころり からり 花びら
はなおにひらり

指を絡めて支えていた
あなたの香りは
石鹸のにおい 桜の花のにおい

桜の頃の 思い出は
指先に残る ぬくもり
そして 紅にそまった花びら
(2005年作)

6件のコメントが寄せられています。

03:05 / 128kbps

共有する

  • 再生回数: 28
  • お気に入り: 7
  • フォーク
  • オリジナル作品
2012/04/01 02:40