graduation

YUIKA

作品紹介・説明

2012年4月22日のAcoustic Liveのために、jijiさんに書き下ろしていただいた曲です。
ピアノ弾き語りのための曲を書いてください、とお願いしたらこんなに素敵な曲が出てきました。
それがちょうど3月のことで、大学卒業が目前であり、jijiさんの曲のイメージが「桜並木」ということだったので、卒業っぽい歌にしてみました。
ピアノと歌だけという凄く難しい組み合わせですが、とてもフレーズが綺麗な曲ですので、ぜひお聞きください。



おまけ。
かつて奏音唄で制作したクリスマスソング「dear you」は私が歌詞を担当しましたが、クリスマスソングながらテーマは卒業でした。
dear youは高校の友人たちを思い出しながら書いた詞です。
今回大学を卒業しgraduationという歌詞を書くにあたって、dear youと同じ言葉を使ってみようと思い書いてみました。graduationのほうがだいぶシンプルな詞になりましたが。笑
良かったら聞き比べてみてくださいね。

使用したプロダクト

オーディオインターフェース
EDIROL UA
コンピュータ
Windows PC Windows PC

歌詞

あのときはまだ蕾だった満開の桜が舞い散っている
花びらが敷き詰められた道は君と並んで通い慣れた道

あのとき言えなかった言葉は

いつまでも一緒にいられる気がしたあの日々は
少しずつだけど遠ざかってしまうよ
届かないまま

あのときはまだ自由だった 手をとってどこへまででも行けた
いつからだろう二人背を向けて自分の行く道を選んだのは

あのとき言いたかった言葉は

どこまでも遠く見渡せた景色 あの空は
少しずつだけど色褪せてしまうよ
風化していくよ

どこまでも遠く見渡せた景色 あの空で
輝いたままで色褪せずにいるんだ
君の笑顔が

いつまでも一緒にいられる気がしたあの日々を
これからでもまた取り戻せる気がする
君に会えたら

桜並木 この道を抜けたなら君のところへ行けるのかな
この言葉 思い出になってしまう前に
会いに行くよ

05:01 / 320kbps

共有する

  • 再生回数: 31
  • お気に入り: 0
  • Jポップ
  • オリジナル作品
2012/06/04 21:46