「カモミール」 作詞 空見子

MILKHOUSE

作品紹介・説明

空見子さんとの初コラボです。カモミールはマーガレットに似た白い花びらのお花ですが、リンゴのようなにおいを持ち、
薬草としても使われていたそうです。薬功は 安眠。リラックスできるそうです。ということで、ゆったり、まったりとてしていただけるでしょうか??
では聴いてくださいね。
空見子さんありがとうございました。

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
INTERNET Singer Song Writer
マイク
SHURE BETA
MIDIコントローラー
EDIROL PCR
モニター
SHURE SRH

空見子(クミコ)

作品紹介・説明

リンゴのような甘い香りがする「ジャーマンカモミール」の花。
その甘い香りのイメージで書いた詩に、MILKHOUSEさんが曲を付けてくださいました。
ありがとうございます。
ボサノバ調の曲に合わせて、歌詞の「カモミール」というところで、
語尾に進むにつれてメロディが高くなっていくところが、一番のお気に入りポイントです。

現実の我が家の朝食タイムは、醤油と味噌と納豆とかの香りが漂っており、
テーブルの上に花もありません^^;
ただ、エクボはありますよ、・・私ではなく、ダンナですけれど(笑)

使用したプロダクト

コンピュータ
Windows PC Windows PC

6件のコメントが寄せられています。

歌詞

「カモミール」  作詞  空見子さん

カーテン揺らして夏の風が吹く ベランダ彩るコンテナガーデン
リンゴに似た香り甘く漂わせて 爽やかな朝を運ぶよカモミール

二人で選んだマグカップの中 ミルクが広がる綺麗なマーブル
いいことありそう そんな気がするわと 得意気に話す君のエクボ

テレビのニュースに耳だけ傾けて 新聞読んでる僕の目に映るのは
おせっかいすぎるほどに気遣う君と テーブルの上で微笑むカモミール

イタダキマスが向き合いながら テーブルの上でキスをしている
いつもの食卓いつもの風景 幸せな時を刻むよカモミール

時には互いに意地を張ったりして 離れたままのハートのレールも
見つめる方向が同じだったら 確かな絆にたどり着くはずさ

焼き立てのパンと淹れたてのコーヒー 得意気に話す君のエクボがあればいい
ゴチソウサマが笑顔で言えたなら いつもと同じに言えたらそれでいい

テレビのニュースに耳だけ傾けて 新聞読んでる僕の目に映るのは
おせっかいすぎるほどに気遣う君と テーブルの上で微笑むカモミール

6件のコメントが寄せられています。

04:47 / 128kbps

共有する

  • 再生回数: 65
  • お気に入り: 8
  • ワールド
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2012/07/14 04:46