旅立つ君へ

みち

作品紹介・説明

この詞は母親から子どもへの思いを軸としましたが、
大切な人が旅立つ時 ふと思い出してもらえる
作品になったらなぁ・・・と思っています。
ヤスさんとの初コラボです。ヤスさん ありがとうございました。

プロダクト説明

3件のコメントが寄せられています。

歌詞

駆け抜ける春よ
歩みを止めるな
夢と現実が一度に
現れた あの日から

君のうしろ姿
ただ大きく見えて
そっと見送るよ ここから
幸せを祈りながら

思い出さなくていいよ
気にしなくてもいいよ
君は君でガンバレよ

すごく すごく すごく
疲れたときは
眠りに帰っておいで
君の育った街に


小川のせせらぎ
緑の輝き
今日も変わりなく優しく
撫でていく胸の奥

君が好きだった
この穏やかな風景
そっと笑ってる ここから
幸せを信じながら

振り返らなくていいよ
気にしなくてもいいよ
君は君でガンバレよ

すごく すごく すごく
寂しいときは
眠りに帰っておいで
君の育った街に

眠りに帰っておいで
私の腕の中に

3件のコメントが寄せられています。

05:02 / 320kbps

共有する

  • 再生回数: 38
  • お気に入り: 4
  • その他
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2012/07/18 10:43