夏陽炎

Amorphous

作品紹介・説明

目を凝らしてみつめている
一番大切な悲しみという想いが見える今を
心震わせ感じている
・・・立ち止まる勇気。振り返る勇気。真実を知る勇気。
  そして断ち切る勇気を私に。

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
INTERNET Singer Song Writer
コンピュータ
Windows PC Windows PC
MIDIコントローラー
M-AUDIO Keystation

2件のコメントが寄せられています。

歌詞

夏が好きだった
鋭い陽射しは
冷たい吹雪よりはやさしかったし
気だるい熱気は
すべてを引き剥がす冷気より安心できた

あなたと同じ電車に乗るために
早足で通り抜けてきたこの道を
今日は逆にたどって歩いてみる
今まで気付かなかった景色が
やっと乾いた目に刺さるから
足元に 夏陽炎 揺れた

雨の降らない空に向かい
たくさんの悲しみを両腕に抱えて
歩き方を忘れた幼女のように
私はひとり 佇んでいる


夏が好きだった
追い続けるのは
振り返ることよりはやさしかったし
信じる気持ちは
すべてを知る勇気を出すより安心できた

力いっぱい歯を食いしばり
私は初めて回れ右をした
時を遡って行く私の目に
あまりに必死で無様な姿の
たくさんの私がよぎるから
目の前に 夏陽炎 揺れた


目を凝らしてみつめている
喜びだけしか見えなかったときよりも
幸せだけしか見えなかったときよりも
一番大切な悲しみという想いが見える今を
心震わせ感じている
一番大切な悲しみという想いが見える今を


雨の降らない空に向かい
たくさんの悲しみを両腕に抱えて
歩き方を忘れた幼女のように
私はひとり 佇んでいる

2件のコメントが寄せられています。

05:21 / 128kbps

共有する

  • 再生回数: 17
  • お気に入り: 1
  • Jポップ
  • オリジナル作品
2012/09/01 13:53