「to stanford」 with IGATAKA

Naomi♪

作品紹介・説明

ホールのFAZIOLIとBosendorferという
夢のような2台のピアノでのDUOです。

坂本龍一教授、作曲の曲ではないのですが
教授のアレンジによる2台のピアノのためのDUOを
IGATAKAさんと夢の共演してきました~♪(o^^o)

ちなみに坂本龍一教授がライブではこの曲をMIDIデータでの自動演奏で2台のピアノで演奏されているそうですが・・


ステージ上で2台のピアノで向き合う形でのDUOです。

私がFAZIOLI。
IGATAKAさんがBosendorferでのテイクです。

ピアノを交代したり、PrimoとSecondoを
入れ替わったりとホールでの豪華なピアノDUOを
楽しんできました(o^^o)

IGATAKAさん、ありがとうございました。


プロダクト説明

Bosendorfer 290
FAZIOLI F278

IGATAKA

作品紹介・説明

私は、坂本龍一さんのコンサートには行けませんでしたけど、その音源がネットに配信されているのを、よく聴いておりました。

そんな教授の音楽の中で印象深かったのが、この"to stanford" という作品で、この2台ピアノ譜を手に入れましたので、音楽友達のHinona♪さんに、お願いして、ホールのピアノで連弾してまいりました。

スローテンポな楽曲で、演奏技巧上もそれほど難しい曲ではないのですが、音の粒を揃えるところなど、結構大変でした。

とくに、最初の音が二人の同時打鍵で始まるところなど、
お互いの顔を見合わせて初めて出来ることでした。

リアルコラボならではの醍醐味ですよね。

プロダクト説明

Bösendorfer 290
FAZIOLI F278
EDIROL R44

使用したプロダクト

コンピュータ
Apple Mac

24件のコメントが寄せられています。

03:54 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 92
  • お気に入り: 8
  • その他
  • カバー作品
  • コラボレーション
  • ライブ音源
  • "TO STANFORD"
    コトリンゴ
    (jasrac) 151-6375-0
2009/05/19 22:24