臨命終(Vocal by G-RON)

collapara

作品紹介・説明

LMさんとのコラボ作品。
死期が迫った時に人はどんな気持ちになるのでしょう?
優しい気持ちになれればそれはとても幸せなこと。
前作「いのち」に次いで命がテーマの曲ということで、
ヴォーカルはG-RONさんにお願いしました。

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
INTERNET Singer Song Writer
コンピュータ
Windows PC Windows PC
MIDIコントローラー
M-AUDIO Keystation

G-RON

作品紹介・説明

前回の「いのち」に続きまして、collaparaさんにご指名いただきました。
ボーカル担当のG-RONです(^^)
今回も切ない歌詞ですが、collaparaさんの優しいオケに包まれて歌詞の中にある前向きな優しい気持ちを感じていただければと思います。
「ありがとう」といえることは幸せなことですね。

ボーカルの至らぬ点が多々ありますが、ご容赦下さいませm(_ _)m
今回も長くお待たせしてしまったにも関わらず、こうして私の歌でUPして下さったcollaparaさんに感謝申し上げます。
ありがとうございました!

使用したプロダクト

コンピュータ
Windows PC Windows PC
オーディオインターフェース
YAMAHA AUDIOGRAM

21件のコメントが寄せられています。

歌詞

目を凝らしては
かすんで見えないけれど
目を閉じれば鮮やかに見えてくる
あふれる気持ち
口にはできなくても
きっと伝わると信じている

どれほどの月日生き抜いても
旅立つのはとても怖い でも
力のない私の手を握る
みずみずしくあたたかなその手から
勇気が流れ込むよう

お迎えが来たら逝くよ
名残惜しいような
もう満足のような気もする
不思議なやすらぎ

私を支えてくれた
愛してくれていた
もう会えなくなる人たちに
大きな「アリガト」


ずっと長いこと
歩けなかったけれど
やっと自分の足で踏み出すんだよ
やさしい言葉
いつもくれた人とは
この喜びを分け合いたい

絶望や哀しみの嵐は
独りでは越えられなかった でも
力強く私の手を握る
わかわかしくあたたかなその手から
勇気をもらい続けた

その時が来たら逝くよ
威風堂堂と
もう何も恐れるものはない
静かなはじまり

私を支えてくれた
そばにいてくれた
もう会えなくなる人たちに
大きな「アリガト」


人生の終幕を
明るい舞台の真中で
あたたかな光 たくさんの手に包まれて
自分らしく生きたよ…


その時が来たら逝くよ
威風堂堂と
もう何も恐れるものはない
静かなはじまり

泣かないで見送ってね
寄り添っていてね
また廻り会う約束の
代わりに「アリガト」

さよなら…アリガト…

21件のコメントが寄せられています。

06:25 / 128kbps

共有する

  • 再生回数: 78
  • お気に入り: 13
  • Jポップ
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2012/10/10 04:46