土曜日の恋人 / 山下達郎

ユウジ

作品紹介・説明

1985年発売「POCKET MUSIC」収録。

達郎曰く「60年代のスナッフ・ギャレット・サウンドの線を狙った」と解説してます。
スナッフ・ギャレットがプロデュースした Gary Lewis & Playboys の
65年リリース「We'll Work It Out」という作品があるんですが。。

http://www.youtube.com/watch?v=ua9jVQ90AA0

イントロ部分や曲の展開を聴くと「土曜日の恋人」はこの作品を
意識して作られたかなと思います^^
あと「Count Me In」も同じ雰囲気で良い曲です♪

http://www.youtube.com/watch?v=VYCRDfYYdrc

1985年。。
この曲は雨に煙る夜の東京の風景を想起させてくれます。
アルバム「POCKET MUSIC」はたくさんの思い出を彩ってくれました。

ひょうきん族のエンディングにもなりましたね^^
EPO、達郎、ユーミン。。 
エンディング曲はどれもホント良かった。
でも1番のお気に入りはやっぱりこの曲かな。。
今回苦労したのは変則気味な8ビート、転調の嵐、粘る歌声ですかね(笑)

よろしければどうぞお聴きください。

2015.3/15 マスタリングやり直しました♪

プロダクト説明

Background Vocals

使用したプロダクト

マイク
audio-technica AT
コンピュータ
Windows PC Windows PC
オーディオインターフェース
TASCAM US
アコースティック・ギター
YAMAHA YAMAHA
ソフトシンセサイザー
Native Instruments KOMPLETE
音楽制作アプリケーション
Cakewalk SONAR X1

14件のコメントが寄せられています。

03:06 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 159
  • お気に入り: 21
  • Jポップ
  • カバー作品
  • "土曜日の恋人"
    山下達郎
    (jasrac) 056-1304-3
    ボーカル:ユウジ
    ミキシング:ユウジ
2013/02/16 18:38