ショパン:夜想曲 ト短調 作品37-1

納戸の化石

作品紹介・説明

懲りずにまたショパンのノクターンです。通しで第11番となる作品37-1ですが、ショパンの弟子ザレスカ・クレチヌスキによって「郷愁」と命名されています。
三部形式で書かれていますが、主題はあまり変奏されることなく、素直に繰り返されます。

一見地味にも感じられる曲ですが、聴けば聴くほど味わいが出てくる不思議な魅力を持っています。特に中間部のコラール風の部分には心を洗われる気持ちがします(勿論名演奏の場合)。

冒頭主題で現れるA-B(Hではない!)-C-Bで動く装飾音の部分の音価がしっくりこず、色々いじってみたのですがあきらめました。それでも次に続くAの8分音符を気持ち前に倒しています。

プロダクト説明

音源: sfz(akai-steinwayiii.sf2)
エフェクト:Studioverb2(Cakewalk), Tube Amp(VOXENGO)
CPU:Core 2 Duo E8400
OS:Windows7 Professional 32bit

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Cakewalk SONAR X1

06:57 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 24
  • お気に入り: 1
  • クラシック
  • パブリックドメイン作品
  • "Nocturne G moll, Op.37-1"
  • 作曲:Chopin
2013/04/28 21:31