クリスマスには(1982年)

知念順子

作品紹介・説明

ヤマハ合歓の郷や鳥羽国際ホテルではバンドと一緒になることが多かったのですが、ピアノ弾き語りの日も時々ありました。そのステージ用に作った一作。
録音はヤマハ合歓の郷スタジオ。グランドピアノ弾き語り。1982年の古いテープに起きてもらいました。

プロダクト説明

不明

2件のコメントが寄せられています。

歌詞

今年もクリスマス 雪が降ればいいね
そうすればソリに乗りサンタがやってくる
曇った窓ガラス 指で描いたケーキ
煙突もトナカイもまだ眠ってる

子供の頃の鈴の音が
聴こえてきそう 遠く静かに

★空に天使が星屑の籠
抱えて飛ぶの
優しく撒いて息をかければ
雪に変わるの


今年のクリスマス セーターを編んだの
あの人に暖かい愛を届けるため
ほんとはあの人が サンタクロースだと
知ってからこの夜が待ち遠しくて

枕の横にそっと置いたわ
好きだと書いた 手紙を添えて

☆夢見るように 目を閉じてゆく
色とりどりの星たちも
窓の明かりを 探してほしい
鈴を鳴らして

(★~☆リピート)

鈴を鳴らして

2件のコメントが寄せられています。

03:19 / 64kbps

共有する

  • 再生回数: 23
  • お気に入り: 4
  • ポップス
  • オリジナル作品
2013/05/01 14:10