幸せのかたち

いちろう

作品紹介・説明

私はホームページで日記も書いているのですが、昨年の4月7日の日記を読んだ、としたんさんが詩にしてくれました。
それから一年ほど掛かってしまいましたがなんとか形になりました。
自分のテーマソングみたいな感じですね。
稚技に等しいレベルでしょうが私としてはオケ作成とミックスも頑張ってみました。
聞いてみて下さい。m(_ _)m

プロダクト説明

microARRANGER

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
INTERNET Singer Song Writer
マイク
RODE NT, BEHRINGER C
アコースティック・ギター
Yairi Yairi

としたん

作品紹介・説明

もう1年前からの作業になってたんですね。。。
歳取ると時間経つのが早く、歌詞を送ったのがついこないだのような
気がしていました。
曲紹介文にもありますように、いちろうさんの日記はポエムです。
それは人生そのものが詩的だからだと思います。
リンクから1番のモチーフとなった日記が見れますが、
それをなぞるだけで歌詞になったのがおわかりになるでしょう。
2番以降も日記から題材を持ってきて、字脚を揃えただけなので
本来、作詞はいちろうさんで僕が補作詞としたほうが実態として
適切なクレジットなのかもしれません。
そういう事情ですからできるのは早かったです。メロディを考える前に
歌詞ができてしまって、歌詞だけでお渡ししました。
そのパターンも初めてに近いかもね。尺を短くされ、構成の変更や
表現の修正をなさった状態での曲を聴いて、最後の仕上げは
やはり本人自らに委ねて良かったと再確認しました。
「幸せのかたち」という素敵なタイトルに変更されたのもいちろう
さんで、リスナーの方が歌を聴いてくださることでタイトルに
込められた思いを感じ取ってもらえれば彼のヒューマニズムが
わかるのではないかと思います。

使用したプロダクト

コンピュータ
Windows PC Windows PC

18件のコメントが寄せられています。

歌詞

季節外れの嵐が去ったから
もう冬のコートはしまっておけるね
青空に映える 今年も桜の花
君と二人で 川べり のんびりと

眼鏡橋見える ベンチに腰掛けて
揚げたてコロッケ 分け合って頬張る
人の流れと 時間の流れ
そのふたつを やり過ごすように

小じゃれた店は苦手だけれど
馴染みの居酒屋 仲間が集う
とりとめもない話 肴に安酒
この頃次の日 疲れが残る

古いギターで日々を綴って
時にはこうして 歌う事もある
これが自分らしいって ことなのかもしれない
これが幸せってやつなのかもしれない

欲も出世も望むことはなく
ただ君と二人でこの町に暮らしてる
これが自分らしいって ことなのかもしれない
これが幸せってやつなのかもしれない

そうきっとこれが幸せのかたち

18件のコメントが寄せられています。

03:39 / 192.023kbps

共有する

  • 再生回数: 65
  • お気に入り: 10
  • フォーク
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2013/05/04 11:12