秋風(1980年)

知念順子

作品紹介・説明

1980年頃。個人練習中にデモとしてカセットテープレコーダーにて録音したものなので、音質はかなり悪いです。
秋という寂しい季節に明るい曲を作りたかったのでこんなイメージになりました。
ヤマハCP80の弾き語り。

プロダクト説明

ヤマハCP80

4件のコメントが寄せられています。

歌詞

振り向けば秋の風
ポケットは草の匂い
小麦色に焼けた肌
白いシャツに包まれて

大人の顔して歩いたのに
風だけが遊んでるの

なんとなく寂しいな
あの人はもういない


見上げれば飛行機雲
地平線突き抜けて
自転車で追いかける
透き通った空の下

季節を忘れた気まぐれな風に
誘われたわけじゃない

なんとなく寂しいな
あの人はもういない


振り向けば秋の風
ゆらゆらと草を撫でる
遠くに粉雪が
はしゃいでる手を挙げて

指の隙間から流れる時を
今ここで止めてしまおう

☆なんとなく寂しいな
あの人はもういない

(☆リピート)

4件のコメントが寄せられています。

03:11 / 128kbps

共有する

  • 再生回数: 40
  • お気に入り: 3
  • Jポップ
  • オリジナル作品
  • デモサウンド
2013/05/07 20:59