Next Stage

ばーど

作品紹介・説明

実は大学で軽音楽のサークルと同時にDTMのサークルにも加入していまして、そのサークルの先輩方への卒業企画として書いた曲です。
僕が作詞作曲編曲を手掛けたのですが、割とこの曲は作詞作曲に関しては自分の自信作です。

先輩へ向けた言葉としては「大学での生活やサークルでの活動」ですが、色んな人に届けれるように含みを持たせています。
歌詞に拘ったのは自分の中では初めての経験です。是非、曲と共に歌詞も見ていただければ嬉しいです。

作曲に関してですが、気付かないような転調を多々行っています。
具体的にはイントロ、Aメロで"G"→Bメロで"C"→Bメロ終わりの2小節で"B♭"→サビで"G"
あとは間奏(Guitar Solo)で"B♭"→間奏終わりの1小節からラスサビまで"A♭"

Bメロ終わりの2小節のB♭は間奏への伏線であり、尚且つC→Gに戻る際、聴き手に予想外なインパクトを与えつつなめらかに戻るために使用。
サビのコード進行はG→CM7→B7、B/D#→Em7、Dm7→Cadd9、Dadd11/C→Bm7、B7、E7→Am7、Bm7→G/C→Dsus4addb9、D
・・・特にDm7が鍵ですね、このコード1つで雰囲気がガラッと変わってる気がします。BメロでCに転調したのはこのDm7の伏線です。
メロディをつけるのに正直苦労しました・・・
あとは間奏のB♭→A♭の転調ですが、何か無理やり感も出ますし、今までの発想では無しだったんですが、ギターソロ入ったらありかも・・・w
みたいに思えてきて、しかもラスサビで通常サビより+1のキーになるのでありなんじゃね・・・って感じです(笑)
そこは何も考えていません、「あっ」と聴き手に思わせれればそれでいいです←

編曲はピアノ四重奏のスタートにして後からベースやらドラムやらギターを入れていこうかなーという漠然とした考えがありました。
でもピアノ四重奏じゃ結局薄くてコントラバス入れてるんですが・・・
後は転調を繰り返し盛り上げていく曲なので、転調の部分に必ずパートを1つ以上追加する、という点は意識しました。
非常にキーを掴み辛いので、編曲作業にも割と苦労した覚えがあります・・・

使用したプロダクト

シンセサイザー
YAMAHA MOTIF, KORG M
音楽制作アプリケーション
Steinberg Cubase
オーディオインターフェース
EDIROL UA
プラグインエフェクター
iZotope iZotope, WAVES WAVES Plug-in Bundle
モニター
YAMAHA MSP, SONY SMC MDR
コンピュータ
Windows PC Windows PC
ドラム音源ソフト
XLN AUDIO Addictive Drums
ボーカロイド
CRYPTON 鏡音リン&レン

1件のコメントが寄せられています。

歌詞

迷った道で 溜め息をまたついて
幸せが逃げるだなんて 少し思ったりして

退屈な日常 変えてくれるもの
探してた先で見つけた 輝くための光

描かれた思い出の奥に
果たせなかったことと叶えたことが
胸の内をめぐり 未来への架け橋に

挫けそうな時も強く
言の葉を紡ぎ出して 笑い合った
長いようで僅かな時に終わりを告げ 未来を生きていく


新しい扉 怖くて今も立ち止まり
進めない 過去を振り返り 今も見失っていく

思い出す いつの日にか 誓ったフレーズ
再び心に描いて 弱音を切り裂いていく

矛盾し合っている世界は
正解が無数に散らばっているんだ
この歌の思いも 未来への架け橋に

涙しそうな時もそっと
共に助け合い痛みを 分かち合った
大切な記憶を 抱き続け 次のステージに飛び立つ


描かれた思い出の奥に
果たせなかったことと叶えたことが
胸の内をめぐり 未来への架け橋に

挫けそうな時も強く
言の葉を紡ぎ出して 笑い合った
長いようで僅かな時に終わりを告げ 未来を生きていく

1件のコメントが寄せられています。

04:25 / 256kbps

共有する

  • 再生回数: 33
  • お気に入り: 1
  • Jポップ
  • オリジナル作品
2013/07/01 06:23