タンゴ

三毛子

作品紹介・説明

アルベニスの『組曲エスパーニャ』(全6曲)では、なぜだかこの第2曲の「タンゴ」だけがとても有名、ゆったりと甘い南国風のメロディが夏に似合います。
アルゼンチンタンゴではなく、カタルーニャの船乗りたちが好んだハバネラ(ハバナ風のスパニッシュタンゴ)のリズムです。 後にハバネラはフラメンコと混ざり合ってアルゼンチンタンゴのルーツとなりました。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
In the six pieces of Albeniz’s “Suite Espana”, this second piece “Tango” is somehow very famous. A relaxed and sweet, southern melody sounds good in summer. It is not an Argentine tango, rather the rhythm of the habanera which the sailors of Catalonia loved. Later, habanera became the roots of the Argentine tango, mixed with flamenco.

プロダクト説明

レコーダー:Fostex VF80

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Cakewalk SONAR
モニター
YAMAHA MSP, SONY SMC MDR
PCM音源ソフト
GARRITAN GARRITAN
シンセサイザー
MOOG Theremin

02:30 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 55
  • お気に入り: 2
  • クラシック
  • カバー作品
  • "TANGO IN D MAJOR / ESPANA OP 165"
    Isaac Manuel Francisco Albéniz y Pascual
    (jasrac) 0L3-6622-7
2013/07/15 19:22