ロドリーゴ / ある貴紳のための幻想曲 第3楽章 たいまつの踊り

南條チロ

作品紹介・説明

J. ロドリーゴ ある貴紳のための幻想曲 第3楽章 たいまつの踊り
おやじギターさんとのコラボ第4弾です。

ロドリーゴの代表作「アランフエス協奏曲」(1940)の作曲から15年、1954年にギターの巨匠アンドレス・セゴビアの依頼による作品です。
ギター協奏曲であるものの組曲のような形態からか、題名は協奏曲とされず幻想曲となっています。
各楽章の主題は17世紀のスペインの作曲家ガスパール・サンスの作品によっていて、題名の「貴紳」(宮廷貴族に仕える紳士)はサンスをさします。(もちろん献呈を受けたセゴビアも)


第3楽章の「たいまつの踊り」とはスペイン宮廷の風習で、男女がたいまつを掲げて踊るというものです。 Allegro con brio 二短調
 
この第3楽章は2分の2拍子の8小節のフレーズが15回、120小節で、特に弦は楽譜上4回分がまったく同じなので打ち込みは結構楽でした。
小編成オケということで、今回もVSEのみでの制作。
2年前の初コラボのときも候補にしていましたが、この曲は各楽章でトランペットが活躍するので私も演奏、録音してみようかな~と密かに思ったりもしました。まあ、楽器を手放して20年近くもブランクがあるので、この打ち込み以上の演奏、録音は望むべくもなく、また私にとっての「貴紳」であるおやじギターさんにも失礼ですし・・・人生の宿題かな(苦笑)。

オケの制作は村治さんのアルバムを参考にしましたが、村治さんの病による長期休養の報が最近ありました。
謹んでご回復をお祈りします。

プロダクト説明

PC: W7-64bit CPU-i870 メモリ8G
ソフト音源:VI VIENNA Special Edition (Standard+Extended), Special Edition Plus (Standard)
PLUG-IN:VIENNA SUITE
MP3変換:BonkEnc v1.0.14

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Cakewalk SONAR, Cakewalk SONAR X1
オーディオインターフェース
EDIROL UA
モニター
audio-technica ATH, SHURE SRH
PCM音源ソフト
Vienna Vienna Instruments

おやじギター

作品紹介・説明

ある貴紳のための幻想曲は4楽章で構成されています
第 1楽章 ビリャーノとリチェルカーレ
第2楽章 エスパニョレータとナポリ騎兵隊のファンファーレ
第3楽章 たいまつの踊り
第4楽章 カナリオ。
3楽章を演奏出来てチロさんには大感謝です。
この3楽章は短く4楽章への導き的な感じがします。
現在4楽章練習中です。かなり早い箇所がありスケール練習が日課となりそうです。
6弦はEをDに調弦しますが、4楽章の最後では範囲外のCが出てきます。
皆さんどのように弾かれているか不明です。

1973年にロドリーゴはビクトリア夫人と来日されました。
その時、フランス語の通訳をつけビクトリア夫人だけが対外的なやり取りをされている様子でした。
懇親会では質問があれば、日本語の質問はフランス語で夫人に通訳され夫人がロドリーゴにスペイン語ではなされて答えはその逆で日本語に通訳されました。ほとんどの質問はロドリーゴに伝わるまでに夫人が答えられ、ロドリーゴは退屈なのか2回ぐらい立ち上がり帰ろうとされました。最後にはロドリーゴがピアノでアダージョを演奏されました。彼の作品は夫人の恩恵が多大と思います。

使用ギター 松村雅亘 1982
弦    1,2,3 プロアルテ ノーマル 
      4,5,6 サバレスコラム 

使用したプロダクト

レコーダー
ZOOM MRS

3件のコメントが寄せられています。

02:15 / 243.086kbps

共有する

  • 再生回数: 98
  • お気に入り: 14
  • クラシック
  • カバー作品
  • コラボレーション
  • "FANTASIA PARA UN GENTIL HOMBRE"
    RODRIGO VIDRE JOAQUIN
    (jasrac) 0F0-5760-8
2013/07/27 03:42