Don't Stop Music

Anfament

作品紹介・説明

Don't Stop Music

chiakkyです。この曲を説明するには長文になってしまいました。
詳細に曲の説明をしています。もし興味持ってくださったら、読んでくださると嬉しいです。文脈がおかしいかもしれません。

この曲を作るきっかけとなったのは、東京ネットラジオのエンジニア兼副局長であり廃人トニック006というバンドのメンバーでもある『DJ'Krysp@廃人トニック006』http://haijintonic006.page2.jp/fei_rentonikku006/fei_rentonikku006.html
が作るトラックのベース音が気に入った事がきっかけでした。
初の試みだったのですがMassiveというシンセのベースとリード音のデータをKryspからもらい、それを曲中でメインで使いました。四つ打ちの曲はあまり作った事がなかったのですが、Anfamentとしては初のリズムです。chiakkyはあまり曲を誰かとコラボレーションして作る事がなかったのでとても新鮮でした。

DJ'Krysp@廃人トニック006が担当した事
基本となるリズム、ドラムの音色、そしてベースとシンセリード音のサウンドメイク
ダブステップセクションのトラックメイク、その部分のmix、ラップ全般

chiakkyが担当した事
作曲アレンジ、Rec、Mix

mimico
メインボーカル、作詞、コーラス、ラップ部分のセリフ入れなど

この曲は主にMassiveというシンセを使ってます。
そして、ギター音はReal STRAT、Wavesのギターエフェクトで歪ませてます。
Anfament初の試みでAuto tune EVOを全面的に使ってます。
メインボーカル、コーラスにも全てAuto tuneを使ってるのですが、コーラスパートにはこだわりました。
メインボーカルに平行移動するだけのコーラスではなく、メインボーカルをまたいで上下するような自由自在なコーラスアレンジメントを試しました。合計4トラック使ってます。
※シンガーによってはこれを使う事を拒否する人も多いらしいです。この曲には似合うという事で許可してくれたmimicoに感謝してます。

途中でオーケストラセクションが来るのですが、ここではEast westのQUANTUM LEAP Symphonic Orchestraを使ってます。ダイナミクスを出してハリウッドのオーケストラサウンドの雰囲気を出しました。

その前にKryspによるダブステップセクションが来るのですが、この部分は彼に全てMixまで完全に任せています。つまり、2mixのWavファイルとして彼からこのセクションをもらいました。
この曲は合計4つのセクションでできています。

メインセクション ラップセクション ダブステップセクション オーケストラセクション

です。これらのセクションは、cubaseで別プロジェクトとしてそれぞれmixまで完成させ、2mixの状態でWAVデータにしました。それらを、最終的に統合した形になります。

ダブステップの途中でオートメーションをかけ、左右にパンニングした上でクロスフェードさせてオーケストラが再生されるアレンジも初の試みになります。
この部分でオーケストラによる『調性音楽』とダブステップによる『無調音楽』を融合させました。

途中でラップ部分が出てくるのですが、これはKryspによるアイデアです。
Kryspだけでなくmimico、chiakkyも途中ラップ部分で少しレコーディングで参加してます。

少し専門的な話になりますが
レコーディングではマイク(XML)とPCの間にアウトボードのARTの真空管マイクプリアンプとコンプRNC(かなり緩やかなかけ録り)
を使いました。

この曲は全てのトラックでWavesのエフェクトを使っています。
コンプはRenaissance Compressor、V-Comp、C1、
リバーブは主にTrueVerb、
EQはRenaissance EQ、H-EQ、Qシリーズ、V-EQ
ディレイはH-Delay、SuperTapシリーズです、

マスターエフェクトにはRenaissance Compressor、キックとベース、ボーカルにはV-Compを使いました。
EQは主にRenaissance EQ、パンチが欲しい時はV-EQ、マスターにはH-EQを使います。
H-Delayはリズムを刻む時に使ったりします。

最終的に2MixにしたWAVデータに、WavesのL3-LLを主に使っています。L2も多いです。
2mixにL3-LLをかけたあと、X-noizeなどでノイズを除去したり、L3-LLを使い・・・
という繰り返しをしてます。

この曲は純粋に『音楽の可能性を追求したい』という熱意で最終段階まで作りました。
作るべきだから作った、とても自然な流れでこの曲が生まれたという言葉が正しいです。
この曲作りに最善を尽くし、決して手抜きや自己満足ではないと言い切れます。
音楽は常に新しい可能性を探る必要があると思ってます。
是非聴いてください。
一緒に曲作りをしたボーカルのmimico、DJ'Krysp@廃人トニック006に感謝します!

chiakky

Don't Stop Music
ヴォーカル、作詞、コーラスを主に担当しましたmimicoです。

クラブ遊び風なちょっとチャラい詞をかきましたが、
裏のテーマは『音楽は素晴らしい』なんです。
どんな音楽も素晴らしいんです。
ポップスも、クラブミュージックも、演歌もオーケストラも…
だから、世の中から音楽は消えてはいけない。

どの時代も、音楽が人々を救ってきました。
音楽で腹は満たされなくっても、心は満たされるんです。

音楽は
楽しい気分にさせてくれたり、
思いっきり泣かせてくれたり、
日常を忘れさせてくれたり、
強気にさせてくれたり、
心を代弁してくれたり…

だから『Don't Stop Music』なんです。

メッセージソングではないのですが、
何か感じてもらえれば嬉しいです。

Anfament mimico

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Steinberg Cubase
プラグインエフェクター
WAVES L3 Multimaximizer Native, WAVES WAVES Plug-in Bundle
コンピュータ
Windows PC Windows PC
PCM音源ソフト
EASTWEST QUANTUM LEAP
ソフトシンセサイザー
Native Instruments MASSIVE, Native Instruments KOMPLETE
オーディオインターフェース
Steinberg CI2

05:30 / 320kbps

共有する

  • 再生回数: 38
  • お気に入り: 4
  • エレクトロ
  • オリジナル作品
  • 作詞:mimico
  • 作曲:chiakky
  • 編曲:chiakky & DJ'Krysp@廃人トニック006
  • ボーカル:mimico
  • ミキシング:chiakky
2013/08/05 00:53