Weather Report ~君がいた夏~

歌詞

● Werther Report ~君がいた夏~


借り出したコンパーチブル
取り立てのライセンス
夜明けを待ちきれずに君の元へ走った

クラクション二つ鳴らせば
君が窓から手を振る
朝焼けの Banana Street
海まで弾んだランデヴー

Werther Report 今日は晴れると
はしゃぐ横顔 確かに愛した
君がいた夏 遠ざかり
アロハの色も褪せてしまったよ



スーツに身を包まれて
ネクタイに縛れて
僕はもうすぐ子供が出来るよ

優しさとか愛だとか
少しづつ捨てながら
大人の生き方を覚えたよ 君の嫌いな

Werther Report 明日も晴れると
呟く横顔 ためらいながら見ていた
訪れた急カーブ曲がれなかった
どうしても



突然の雨に打たれて
シャツのまま抱き合えば
空も海も寄り添っていた
アダムとイヴの1984


Werther Report
今夜は雨に 雨になると言ってくれよ
昨日聞いたよ アイツから
君が死んだと1991

04:26 / 128kbps

共有する

  • 再生回数: 49
  • お気に入り: 0
  • Jポップ
  • オリジナル作品
2013/09/14 12:41