バルトーク / ルーマニア民族舞曲 第4-6曲

南條チロ

作品紹介・説明

B. バルトーク ルーマニア民俗舞曲 Sz 68 から後半3曲です。

この曲は、1909年から1913年にかけてルーマニアの各地で採集された民謡を題材にして第1次世界大戦中の1915年に作曲されたピアノ曲を、1917年にバルトーク自身が小管弦楽のための作品に編曲したものです。
ほかにもさまざまな編成版があるバルトークの人気の作品の一つです。

第4曲 角笛の踊り Buciumeana (Andante)
第5曲 ルーマニア風ポルカ Poargă românească (Allegro)
第6曲 速い踊り Mănunţel (L'istesso tempo - Allegro vivace)

第4曲はヴァイオリン・ソロがやはり難易度が高く、いまいちの出来です。
第5-6曲は弦のエッジを際立たせるのが大変でした。

プロダクト説明

PC: W7-64bit CPU-i870 メモリ8G
ソフト音源:VI VIENNA Special Edition (Standard+Extended), Special Edition Plus (Standard)
PLUG-IN:VIENNA SUITE
MP3変換:BonkEnc v1.0.14

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Cakewalk SONAR, Cakewalk SONAR X1
オーディオインターフェース
EDIROL UA
モニター
audio-technica ATH, SHURE SRH
PCM音源ソフト
Vienna Vienna Instruments

9件のコメントが寄せられています。

03:20 / 232.521kbps

共有する

  • 再生回数: 63
  • お気に入り: 13
  • クラシック
  • パブリックドメイン作品
  • "RUMAENISCHE VOLKSTAENZE /ORIGINAL/"
  • 作曲:BARTOK BELA
2013/11/16 01:01