GOODTIMES BADTIMES

へっぽこ O

作品紹介・説明

D-BLOODさんとの初コラボです。

僕は高校生の頃からレッド・ツェッペリンが大好きで、何度となくジミー・ペイジのギターにチャレンジはしてみたのですが、どうにも才能がなく、あきらめました。(指が短いうえに不器用なので、ソロを弾く時に左手の小指が使えない)

とは言え、幾つになっても好きなものは好きなので、コラボでなら何とかなるのではないかと考えました。そこでD-BLOODさんにご無理をお願いした訳です。

このコラボはオーナーは僕になっていますが、実際のところはD-BLOODさんがほぼ全てのパートの演奏、ボーカル、そしてミキシングも担当されています。

僕が演奏しているのはイントロとリフのギターパートとベースです。僕はとにかくこのシンプルなイントロが昔から大好きで、「ロックの新しい時代が始まる」という感じがして今でもワクワクします。オリジナルレコードではテレキャス、ライブではレスポールで弾かれているので、今回は両方使ってみました。

D-BLOODさんのボンゾの再現度はすごいです。またロバート・プラントのボーカル、ジミー・ペイジのギターソロも完璧に再現されていてとても感動しました。

僕の長年の夢だったツェッペリンナンバーの実現に力を貸していただき、本当に感謝しております。ありがとうございました。

明日はこの曲がオープニングを飾るレッド・ツェッペリンのデビューアルバムがリリースされてからちょうど45周年にあたる日になります。

よろしかったらお聴きください。

使用したプロダクト

マイク
SHURE SM
エレクトリック・ギター
Fender テレキャスター, Gibson レスポール
エレクトリック・ベース
Fender プレシジョン・ベース
音楽制作アプリケーション
Cakewalk SONAR X1

D-BLOOD

作品紹介・説明

ZEPのGOODTIMES BADTIMESをへっぽこ Oさんにお誘いいただき、コラボさせていただきました!

ZEPは幼い頃から聴いてきたのですが、よくよく考えてみればまともにコピーしたことなかったので、これはよい機会をいただいたと思い、やらせていただきました♪

私はヴォーカル、ギターソロ、ドラム、MIXを担当させていただいたのですが、ボンゾのドラムのコピーにはとても苦労しました-0
打ち込みながら「頼むから基本パターンぐらい同じに叩いてくれ~~」と懇願するぐらい、毎回毎回違うドラミング・・・正直ドラムパートを請け負ったことを後悔したほどでした^^;
でも終わってみればそれもまた楽しい思い出ということで、久々にZEPのサウンドに触れられて嬉しかったです♪

私の歌はどっかその辺に置いといてw、へっぽこ Oさんの拘りのギターサウンドを楽しんでもらえたらと思います^^

プロダクト説明

ESP HSH STRATOCASTER

使用したプロダクト

ドラム音源ソフト
TOONTRACK EZ
音楽制作アプリケーション
Cakewalk SONAR
レコーダー
BOSS BR
マイク
RODE NT

48件のコメントが寄せられています。

02:48 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 184
  • お気に入り: 46
  • ハードロック
  • カバー作品
  • コラボレーション
  • "GOODTIMES BADTIMES"
    LED ZEPPELIN
    (jasrac) 0G1-0480-4
    ボーカル:D-BLOOD
    ミキシング:D-BLOOD
2014/01/11 15:22