CRYING WAITING HOPING

へっぽこ O

作品紹介・説明

電気爺さんとのコラボ第3弾です。偉大なるロックンロール・オリジネーターの一人であるバディ・ホリーが1958年12月14日にNYの自宅で録音した作品です。

この曲をアコギ1本で録音したおよそ2か月後、彼は飛行機事故によりわずか22歳で亡くなってしまいました。

今回のテイクは1987年の映画「ラ・バンバ」においてバディ・ホリー役を務めたマーシャル・クレンショウのバージョンが下敷きになっています。この映画はバディ・ホリーと共に事故で亡くなったリッチー・バレンス(まだ17歳だった)の生涯を描いた作品なのですが、マーシャル・クレンショウの背格好や歌い方がバディ・ホリーそっくりで、僕は当時とてもビックリしました。

それ以前に佐野元春のラジオで彼の曲を聴き、「バディ・ホリーの影響を受けた人なんだなあ」とは思っていましたが、ルックスまで似ているとは・・・

以来マーシャル・クレンショウは僕の密かに愛好するミュージシャンになりました。

今回のコラボは何と言っても電気爺さんがボーカルにかけてくださったスラップバックエコーが一番の聴きどころです。50年代特有の水面に波紋を描くように広がっていくエコーが初期のロックンロールの味を見事に表現しています。

明日であの不幸な事故から55年になります。先だってD-BLOODさんとコラボさせていただいたレッド・ツェッペリンとちょうど10年離れている訳ですが、ロック世界史という視点で見ると、1959年から1969年までの10年間に世界のロックは物凄く進化、発展したということを二つのコラボで実際に演奏してみて改めて強く実感しました。

よろしかったらお聴きください。

使用したプロダクト

マイク
SHURE SM
エレクトリック・ギター
Fender ストラトキャスター
音楽制作アプリケーション
Cakewalk SONAR X1

電気じぃじ

作品紹介・説明

こんにちは(^o^
3個目になりましたへっぽこ Oさんとのコラボであります。

そんでもって私の好きなバディー・ホリーの曲です。
’50sを代表するロックンローラー、でもあまりにも短命。。
バディー・ホリー、リーッチー・バレンズ、ビッグ・ボッパー等が事故で亡くなりました。
そう言えばエディー・コクランも若くして亡くなった。。。

へっぽこさんと共に彼等に捧げます。
なんて偉そうな事書いちゃって何とも恥ずかしい><

お時間有りましたら御付き合い下さいませ♫

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Apple Logic, Apple GarageBand
オーディオインターフェース
EDIROL UA, EDIROL UM, TASCAM US
エフェクター
T.C. ELECTRONIC M
コンパクトエフェクター
BOSS Compact Series, Dunlop MXR
モニター
EDIROL MA, SONY SMC MDR, audio-technica ATH
コンピュータ
Apple Mac
エレクトリック・ギター
Fender テレキャスター, ESP ESP
MIDIコントローラー
E-MU Xboard

26件のコメントが寄せられています。

02:18 / 256.048kbps

共有する

  • 再生回数: 80
  • お気に入り: 28
  • ロック
  • カバー作品
  • コラボレーション
  • "CRYING WAITING HOPING"
    BUDDY HOLLY
    (jasrac) 0C0-2296-0
    ボーカル:へっぽこ O
    ミキシング:電気爺
2014/02/02 13:00