Etude for AnalogSynth 3

Chuck

作品紹介・説明

http://musictrack.jp/musics/5904
http://musictrack.jp/musics/5915

を聞いて、私も自作のアナログシンセでやってみました。
家庭の事情でまとまった時間が取れないのですが、今日は家族が出かけているのをいいことに
これの作業に数時間集中できました。
VCOシンクしたり複数の波形を重ねたりノイズを混ぜたりをついついしてしまいます。
おまけにカオスLFOとかも掛けてしまって… 性癖のようなものでしょうか。
なるべく目立たないように掛けたつもりですが、シンセ音質を云々できるようなデモになっていないですね…
しかしリングを使わなかったことを褒めてください(なんだそれは)。

プロダクト説明

・自作アナログシンセ(山下シンセを基本とするオリジナル構成)システム(3-VCO、3-VCF、2-EG、2-VCA)
・自設計のディジタル系(MIDI-CV変換器、カオスLFO、ディジタルLFO、ディジタルNG)

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Apple Logic
オーディオインターフェース
EDIROL UA, EDIROL UM
MIDIコントローラー
KORG KONTROL
コンピュータ
Apple Mac

takeda

作品紹介・説明

これは、手作りシンセを評価するための楽曲として作った曲です。
http://musictrack.jp/musics/5904
のほうでmasa921さんが録音されたバージョンで紹介させていただいてます。

もとのMIDIデータはこちらです。
http://www.aleph.co.jp/~takeda/radio/work/g2g2.mid
ドラム1chのほか,メロディー2声,ベース1声,シーケンスパターン1声,合計4声です。

Chuckさん、ご丁寧に、コラボ指定くださいましたが、MIDIデータ自体は、仕様許諾申請などの必要はありません。どんな目的にでも使っていただいて結構です。
アナログシンセで演奏しやすいアレンジになってますが、どんな楽器で演奏されてもかまいません。
もちろん、コラボ指定は歓迎です。

僕の演奏/録音によるものはこちら。
http://musictrack.jp/musics/5915

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Steinberg Cubase
オーディオインターフェース
E-MU E-MU 0404

11件のコメントが寄せられています。

00:40 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 130
  • お気に入り: 6
  • エレクトロ
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
  • デモサウンド
  • 作曲:motohiko takeda
  • 編曲:motohiko takeda, masa921
2009/08/15 20:14