「エンドレスな恋」 作詞 yumej

MILKHOUSE

作品紹介・説明

春ですね。暖かくなりました。桜も今日あたりが開花の予報。
あと一週間で4月。1日はエイプリルフールだし、春は妄想にどっぷり浸かっているのもいいなぁ。
変な書き出しですいません。
言葉を探すなら、やっぱり愛の言葉ね。 yumejさんが書くと妙に納得しますね。
yumejさん ありがとうございました。では聴いてくださいね。


使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
INTERNET Singer Song Writer
マイク
SHURE BETA
モニター
AKG K
MIDIコントローラー
EDIROL PCR

歌詞

「エンドレスな恋」 作詞 yumejさん

日暮れ空が映る ティーカップの珈琲
少し赤茶けて 小さな世界に波紋
昨夜の私たち 錆び色に染まって
違う夢心地 なのに抱き合ったまま

朝になれば 鳥になれる しずくを飲む 花になれる
言葉を探すのなら やっぱり愛の言葉ね
二人の物語は エンドレスな恋のお話
rururara rururara rururara rururara~

すれ違いの街 微妙にずれる恋ほど
燃えるものなのよ なんてしょっぱいわね
憂いを隠すなら ベッドのシーツじゃなく
あなたの背中に うずまりたい私なの

これが私 駆け引きなし 上手に恋を してみたいわ
言葉を探すなら やっぱり愛の言葉ね
二人の物語は エンドレスな恋のお話

朝になれば 鳥になれる しずくを飲む 花になれる
言葉を探すのなら やっぱり愛の言葉ね
二人の物語は エンドレスな恋のお話
rururara rururara rururara rururara~

05:33 / 128kbps

共有する

  • 再生回数: 34
  • お気に入り: 2
  • ジャズ
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2014/03/25 07:51