逢い・桜

作品紹介・説明

この季節はやっぱり桜!
と言うわけで、今年もharukoさんに歌詞をお願いしました。
最初は詞先でやってたのですが、途中で曲先に!!!
詞先と曲先半々というけったいな作りになりました(笑)
おまけに自分で作ってるのに幅が広すぎて歌い難い^^;

桜シリーズ4作目『逢い・桜』聴いて下さい。
動画はこちら↓
http://youtu.be/G47oC09dCVk

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
INTERNET Singer Song Writer Lite
コンピュータ
Windows PC Windows PC

21件のコメントが寄せられています。

歌詞

逢い・桜  作詞/haruko 作曲/神保 涼
         (H26.2.11~3.16)

知らない町が 
どこか懐かしく感じてる
行き交う人が 
微笑みかける優しい町 

そのさりげない 
しぐさに涙がこぼれてる
頬なでる風 
日なたの匂いに包まれて

あなたに逢いにきました 
千年の桜
あの人が愛した場所
空からは見えてますか

今日限りだけの涙花
溢れる想いを抱きしめて
愛を教えてくれた人
もうここにいない


時間(とき)流れても   
変わらないものがあるのなら 
それは愛だけ
あの人をずっと忘れない

あなたに逢いにきました
爛漫の桜
薄紅の花びらを
あの人に届けてほしい

出逢いと別れの春模様
寄り添う面影抱きしめて
次の春には笑顔咲く
今はここで泣かせて

出逢いと別れの春模様
寄り添う面影抱きしめて
歩く一人で今日からは
凛と強く歩く

21件のコメントが寄せられています。

05:50 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 90
  • お気に入り: 14
  • Jポップ
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2014/03/30 21:23