Skyscraper

Y&K

作品紹介・説明

久しぶりの新曲です。

都会の片隅に生きる男と女・・・そんなイメージで詞を書きました。

わぎゅうさんがカッコイイ、垢ぬけた曲にしてくださいました。ギター演奏がしびれます。

どうぞお聴きください。

使用したプロダクト

コンピュータ
Windows PC Windows PC

わぎゅう

作品紹介・説明

Y&Kさんとの最新コラボ曲で、今回はちょっと切ない、大人の恋の歌詞に、都会的なサウンドを乗っけてみました。

デモ作成からかなり時間がかかりましたが、自分が思い描いてた雰囲気がしっかりと出せたかなぁって自画自賛しております。

奇しくもこの作品で、私のMTページで公開されている曲が200曲目となりました。ちなみに先ほどカウントしたら作曲コラボ作品は135曲目になるようです。よくまぁ作ってきたなぁ~って思う反面、まだまだやりたいことがたくさんあるので、これからも楽しみながら作り続けて行きたいなぁって思っておりますので、この場をお借りして、どうぞよろしく!!

プロダクト説明

MTR:ZOOM MRS-1044
※エフェクターはすべてMTR内臓を使用
エレキギター:fender japanテレキャスター
アコースティックギター:モーリストルネード
エレキベース:YAMAHA JB600B
キーボード:YAMAHAポータブルタイプ
リズムマシン:YAMAHA RY30

31件のコメントが寄せられています。

歌詞

きみとふたりで 時を忘れたね 
ブラインド 開けたなら もう夕暮れ 
遠い窓から 強い反射光 
きみのこと 見失い そうになる 

抱き寄せ交わす くちづけの後 
視線絡めて きみは言ったね 
「あなたの命 わたしの中に 
流し込めたら ずっと一緒なのに・・・」 

skyscraper 確かなものは 
skyscraper この手になくて 
skyscraper 瞳に映る 
skyscraper 金色の城 
真っ赤にそまる ぼくたちは 
今 何時頃だろう 


ビルの間を 抜ける風に乗り 
甘い髪 流れれば せつないよ 
闇が沁みてく きみは風になり 
ぼくの腕 すりぬけて 笑ってる 

銀の指輪を 空に投げ上げ 
歌うように きみは言ったね 
「いちばん小さな 流れ星よ 
何を祈るの? 落ちてしまう前に」 

skyscraper 漂う小舟 
skyscraper 揺られるふたり 
skyscraper 見下ろすものは 
skyscraper 垂直の城 
祈りの意味も 知らぬまま 
今 星が流れてく 


skyscraper 身を寄せ合って 
skyscraper 寝息をたてる 
skyscraper ふたりに似合う 
skyscraper 孤独の城 
ひとりとひとり さまよって 
今 ここで夢を見る 

31件のコメントが寄せられています。

05:08 / 128kbps

共有する

  • 再生回数: 84
  • お気に入り: 20
  • ロック
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2014/04/17 15:23