言葉のいらない世界

ナオ

作品紹介・説明

連休後半の初日、皆様!!「連休」してますか?
お仕事の方もいらっしゃるでしょうが、お疲れ様です!!

シモンズさんの作品で1971年、「恋人もいないのに/シモンズの世界」のアルバムのラストに収録されている作品だそうです!!
作詞・作曲は、日本のフォーク界を創造された瀬尾一三さん!!
瀬尾さんと言えば、中島みゆきさん、長渕さん、吉田拓郎さん、かぐや姫さん、甲斐バンドさん・・・・等をプロデュースされた方ですよね!!

ネコ先生のお誘いでギターを弾きました!!
そして、ボーカル、ハモリはwadachanさんです
とっても、穏やかな作品に仕上がったと思います!!
お誘いいただいてありがとうございます

自分は、明日から「パソコンのない世界」の田舎に行ってきます(爆)

使用したプロダクト

レコーダー
BOSS BR
アコースティック・ギター
Martin Martin

wadachan

作品紹介・説明

ネコさんからお声掛けしていただき、ハモが楽しそうなこの曲を歌わせていただきました♪
”シモンズ”・・・私の中では「恋人もいないのに」やチェルシーのCM曲を歌っていたきれいな二人組のお姉さんの印象☆
この曲は初めて知りましたが、70年代初期の懐かしいサウンドですよね♪
あのころはハーモニーを楽しむ曲がたくさんありました。
私はよく姉に「ハモって!」と言われてチェリッシュの松崎さん役や「翼をください」のハモやってました♪
おかげでハモるのは結構得意です^^v(ボーカルより得意かも・・・☆)

ナオさんの生ギターでグッと深みが増してより素敵なサウンドに仕上がったな~~~と感動しています。

参加させていただいてありがとうございました☆

使用したプロダクト

レコーダー
YAMAHA AW
コンピュータ
Windows PC Windows PC

Kätzchen

作品紹介・説明

関西女性フォークデュオ、シモンズの曲です。
1971年のアルバム即ち43年前の曲で、作曲の瀬尾一三氏が
24才の時の作品です。その時シモンズの2人は18才でした。

なお、この曲はシングルカットされていません。
1st.アルバムの最後にカッティングされていた曲です。
こんないい曲が、一番音の悪い最内周に記録されているのを
恨めしく思った物です。

瀬尾一三氏の名前はよく「かずみ」と読まれることもあります
が、本当は「いちぞう」という非常に古典的な名前です。
現在もアレンジャー(編曲者)としての活動が非常に多い人で
最近ではももいろクローバーZの歌の編曲も手がけています。

ナオさんのアコギの生録音を加えて wadachanさんに歌って
いただきました。

ここで制作に使用したMIDI音源はRoland JV-1080のみです。

【原曲情報】
作詞:瀬尾一三
作曲:瀬尾一三
 歌:シモンズ

プロダクト説明

Intel:Q9650 Core2Quad CPU自作PC
Apple:Mac OS X10.5.8 (EFiX使用)

Geniesoft:Overture4.02
Roland:JV-1080
EDIROL:FA-101
Apple:Logic8
IAMS:キャット体重管理1-6歳用うまみチキン味

8件のコメントが寄せられています。

02:51 / 320kbps

共有する

  • 再生回数: 138
  • お気に入り: 22
  • フォーク
  • カバー作品
  • コラボレーション
  • "言葉のいらない世界"
    シモンズ
    (jasrac) 031-5884-5
    ボーカル:wadachan
    ミキシング:Kätzchen
2014/05/03 20:35