野ばら ( Heidenröslein )

Kätzchen

作品紹介・説明

ゲーテが 1771年に書いた詩で、この詩にはシューベルトを始め
ベートーヴェン、シューマン、ブラームス等の多くの作曲家達が
曲を付けています。ここでは優雅な 6/8拍子のヴェルナーの曲を
たんぽぽしゃんさんに歌って頂きました。
なお和声付けがヴェルナーの原曲とは部分的に異なっていますが
これは奇を衒った訳ではなく、より自然な和声進行になるように
簡素化したものです。

たんぽぽしゃんさんの清潔な歌唱と清澄な声質はこのような歌に
最も相応しいと思われます。


【歌詞】

Sah ein Knab' ein Röslein stehn,
Röslein auf der Heiden,
War so jung und morgenschön,
Lief er schnell, es nah zu sehn,
Sah's mit vielen Freuden.
Röslein, Röslein, Röslein rot,
Röslein auf der Heiden.

Knabe sprach: ich breche dich,
Röslein auf der Heiden!
Röslein sprach: ich steche dich,
Dass du ewig denkst an mich,
Und ich will's nicht leiden.
Röslein, Röslein, Röslein rot,
Röslein auf der Heiden.

Und der wilde Knabe brach
's Röslein auf der Heiden;
Röslein wehrte sich und stach,
Half ihm doch kein Weh und Ach,
Musst' es eben leiden.
Röslein, Röslein, Röslein rot,
Röslein auf der Heiden.


少年が見つけた小さな野ばら
とても若々しく朝のように美しい
急いで駆け寄り 間近で見れば
喜びに満ち溢れる
バラ バラ 赤いバラ 
野中の小さなバラ

少年は言った 「野ばらよ! 君を折るよ」
小さな野ばらは言った
「私は貴方を刺します あなたが永遠に私を覚えているように
そして私は苦しむのはいやだわ」
バラ バラ 赤いバラ 
野中の小さなバラ

そして少年は野バラを折った
野バラは抵抗して彼を刺した
傷みや嘆きも彼には効かず
野バラはただ苦痛に耐えるばかり
バラ バラ 赤いバラ 
野中の小さなバラ

プロダクト説明

Apple:Mac Pro A1186 Xeon Quad x2
Apple:Mac OS X10.5.8
Geniesoft:Overture4.02
Apple:Logic8
Apple:GarageBand Jampack4 (Logic 付属無料音源)

たんぽぽしゃん

作品紹介・説明

ゲーテの詩、ヴェルナー作曲の「野ばら」を歌わせていただきました。
美しい演奏は、Kätzchenさんです。

ドイツ語が難しくて、なかなか思うように歌えなかったのですが
Kätzchenさんが、美しくmixして仕上げてくださいました。

大学時代、ゲーテは、
ゼーゼンハイムという緑の美しい村で、牧師の娘フリーデリーケ・ブリオンと出会い、
恋に落ちます。
「野ばら」は、別れた後、彼女を想って書かれた詩だそうです。
彼女は、他の人と結婚することなく、ずっとゲーテを想い続けていたとのこと。
ゲーテと恋を育んだ10か月が、彼女にとって、何物にも代えがたい至高のひとときだったのでしょう。

どうぞお聴きくださいませ。

使用したプロダクト

コンピュータ
Windows PC Windows PC

16件のコメントが寄せられています。

03:37 / 320kbps

共有する

  • 再生回数: 192
  • お気に入り: 20
  • クラシック
  • パブリックドメイン作品
  • コラボレーション
  • "Heidenröslein"
  • 作詞:Johann Wolfgang von Goethe
  • 作曲:Heinrich Werner
  • 編曲:Kätzchen
  • ボーカル:たんぽぽしゃん
  • ミキシング:Kätzchen
2014/06/03 13:39