「愛してる」 作詞 MANABU(mu-min)

MILKHOUSE

作品紹介・説明

「愛してる」ってなかなか言葉に出しては言えないもんだと思うのですが、
分かれてからの方が言いやすいのかな。曲を作るときも、恋愛中の詞より
片思いとか失恋とかの詞の方が作りやすかったり。やっぱり天邪鬼なのかなぁ。
MANABU(mu-min)さん ありがとうございました。では聴いてくださいね。

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
INTERNET Singer Song Writer
マイク
SHURE BETA
モニター
AKG K
MIDIコントローラー
EDIROL PCR

mu-min

まだ作品情報が入力されていません

3件のコメントが寄せられています。

歌詞

「愛してる」 作詞 MANABU(mu-min)さん

君と過ごした夏の日は 毎日が太陽に勝ってた
つまらない喧嘩をして 責めたりしたけれど

今まで君の事を 支えてると思ってたけど
本当は僕の方が 支えられていたんだね

今更だけど君の存在が 僕には大切だと感じた
失って初めて気づいた 僕を許してくれないか

君と過ごした時間の中 今ならもっと大切に
過ごせたはずだから 時間を巻き戻したい

もう取り戻せないかな 君の居たあの日々は
心の隙間に吹く風は 何をしても埋らない

今更だけど君の存在が 僕には大切だと感じた
失って初めて気づいた 僕を許してくれないか

もう一度逢えたなら ありがとうの一言を
全ては僕が招いた結果 今でも君を愛してる

今でも君を愛してる

3件のコメントが寄せられています。

04:42 / 128kbps

共有する

  • 再生回数: 38
  • お気に入り: 3
  • ジャズ
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2014/06/21 06:46